MENU

世の中を俯瞰する考え方 【世界は広い】

f:id:mubou_rakuzi:20201011082740j:plain

目の前のことが、自分の人生の全てだと思ってしまう。自分が生きる世界を俯瞰することで、これからの生き方を知る考え方を知りたい。 




そんな悩みを解決します。

本記事の内容

・客観的な視点を育む
・自分の現状を知る




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。





今回は、世の中を俯瞰する考え方をご紹介します。


自分がこの時代で生きていくことは、自分の想いに正直になって生きていくことがカギです。


自分がどう生きていくか、そこが曖昧になっていれば、そのまま生き方に反映されます。


そのため、自分が生きることを知るために、自分以外の世界を眺める時間が必要になります。


この記事を読むことで、自分の生き方を俯瞰できるようになり、今の生き方に悩まなくて済みます。




それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote






世の中の流れ


インターネットが登場したことで、私たちの日常は大きな変化を続けてきました。


市場を横断する情報が錯綜するようになり、何が本質的な情報なのかがわからなくなりつつあります。


時代が変化しても、自分のことを客観的に眺める視点を持つ必要があるのです。



あわせて読みたいnote


客観的な視点を育む


現代社会の流れは止まることなく、日々変化を繰り返しています。


これから先も停滞することなく、世の中は変化の連続を遂げていくことでしょう。


その状況のなかでも、客観的に自分を把握することが大事になります。


客観的な視点を育む考え方は、下記の3つです。


客観的な視点を育む考え方3つ
① 自分以外の世界を知る
②新しい挑戦を重ねる
③できることを増やす




1つずつご説明します。



自分以外の世界を知る


自分がこの世界で生きることは、自分の価値観を大事にすることを意味します。


自分が信じることを純粋に貫徹することで、自分自身の喜びを実感できるようになります。  




ただ、自分だけの世界に閉じこもっていれば、自分が本当に大切にしたいことに出会うチャンスを放棄することになります。


自分が知らないことにこそ、本当の自分の生き方が眠っている可能性があるのです。




新しい挑戦を重ねる


自分の視野を広げることで、今までに知らない世界を眺めるきっかけとなります。


日頃の生活のなかで自分が普段、特に意識していなかったことが積み重なって、現在の自分があるわけです。 




現在の自分しか知らないなら、それだけが自分の世界になります。


今までに見えてこなかった景色が見えることで、今の状況だけに遭遇して絶望する必要がなくなります。


世の中を俯瞰する過程を経て、自分の思考の幅と奥行きを深めることにつながります。 




できることを増やす


今という時間のなかで、自分の知識や経験を増やすことが、あなたにとっての人生を豊かにする原点となります。


世界に対して知る姿勢を深めることで、自分の現状をより良く改善するための方法を考えることが可能となります。




自身の知を深めることで、自分がどんなことに幸せを感じるのかが見えてきます。


それと同時に、学び続ける姿勢を失わないことが、自分の生き方を冷静に眺めることにつながります。


自分の経験の幅を広げることは、これからの自分の人生にプラスの影響をもたらしてくれます。 





自分の現状を知る


世の中を広く俯瞰するには、自分の現状を理解することが肝要になります。


人生の現在地を知らないと、これから自分がどこに向かっていけば良いのかが見えなくなります。


そのため、今の自分が何を考え、どんなことを考えているのかを知る必要があります。


自分の現状を知る考え方は、下記の3つです。


自分の現状を知る考え方3つ
① 今までの自分を振り返る
②自分の心に問いかける
③理想と現実の差を知る




1つずつご説明します。



今までの自分を振り返る


これまでの自分の人生を振り返り、何を考えてきたのか。


これまでの過去を鑑みることで、自分が本気で今を生きる時間を感じられます。




記憶と足跡を改めて感じることで、自分の人間性について深く理解できるようになります。


これまでの生き方を俯瞰することは、激動する時代を生き抜く術を知ることが可能となります。




自分の心に問いかける


誰かに自分の生き方を丸投げすることなく、自分ができることに意識を集中させる意識が大切となります。


自分な人生を生きることは、自らの心に問いを立て続けることを意味します。 




何もしなければ、自分が本気で求めたい価値観に出会うことは決してできません。


自らの内面に自問することは、自身のこれからの生き方を謙虚に過ごす起点となります。 




理想と現実の差を知る


自分が生きる世の中を俯瞰する際には、自分の心が求める価値観の存在を確かめる必要があります。


それと同時に、世の中に対する視野を広く持つことが大切となります。


自分だけの世界観で日常を過ごしていれば、それが自身の絶対的な価値だと勘違いしてしまいます。  




そのように、思い込みをしていれば、自身の行動の幅を極端に狭める一因となるのです。


自分が考える現実と理想の距離感を確かめることが、今からの人生を生きる意義を見出せるようになります。 



あわせて読みたいnote

まとめ:世の中を俯瞰して、自分の世界を広げていこう


今回は、世の中を俯瞰する考え方をご紹介しました。


自分の殻だけに閉じこもっていても、そこから自分の世界を広げることはできません。


自分以外の世界が広大に存在していることに気がつくことで、今ある人生の生き方を見直すきっかけを得られます。


どうやって生きていくかは、主観と客観のバランスを忘れないことが重要になります。 




今回は以上です。


//目次に表示非表示ボタンを表示させる