MENU

お金が人生の全てではない 【自分の人生を生きる】

f:id:mubou_rakuzi:20201008091615j:plain

自分が何のために生きているのか。現代社会は資本主義の風潮があるが、自分が本当に何を求めているのかを知りたい。





そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・手段と目的を分ける
・お金は手段のひとつ




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、お金が人生の全てではない考え方をご紹介します。


現代社会はお金があることで、人としての暮らしが安心して送れると思っている人が大勢います。


資本主義の流れを当たり前と受け止めることで、もうそれしか眼中になくなってしまいます。


世の中はお金だけじゃなく、もっと広い選択肢があることを自分から理解することが大事になります。


この記事を読むことで、心がお金に縛られない生き方を実現するできるようになります。




それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote





お金の価値


時代が変わってもお金を信奉する風潮は絶えることがなく、お金がないと生きられないと勘違いする人が多くいます。


自分の人生を大事にするなかで、お金に縛られるだけでは、本当に自分が求める人生を手にすることはできません。

あわせて読みたいnote



手段と目的を分ける


お金を執着しても、自分の生き方を豊かにできません。


お金に縛られる生き方をする理由を考えると、あなたはどのようなことをイメージしますか。


色々なパターンを想像できるかもしれませんが、一番の本質は自身の生活のためという理由があると思います。


ただ、お金は手段の1つであることを忘れずいたいものです。


手段と目的を分ける考え方は、下記の3つです。


手段と目的を分ける考え方3つ
① やりたいことを明確にする
②手段は無限にある
③ひとつの現実に固執しない




1つずつご紹介します。



やりたいことを明確にする


世の中の常識に左右されることなく、自分が本当にやりたいことを理解することが必要です。


やりたいことがあるなら、それを達成するための方法を具体的に考えてみましょう。


お金だけに執着しないで、目的を実現させる選択肢を持っておくことは、人生の豊かさを奥深くさせてくれます。




自分がやりたいことは、本当にお金がないと実現できないのか。


そのことを今一度、自分から考える必要があります。  




手段は無限にある


自分がやりたい目的は、誰か人と比べるものでなくて良いのです。


人と自分を比較しても、そこから得られる喜びは薄っぺらいものに終始します。


その目的を達成するには、自分の頭で考え尽くす過程を大事にする必要があります。




目の前の現実だけで悲観せず、遠回りであっても、目的を達成する柔軟な発想を持ち続けることが大事になります。


そのために、手段は1つじゃないことを理解することが、お金に人生を支配されないコツです。




ひとつの現実に固執しない


目の前の現実だけに執着しても、自分の考え方や生き方を変えることはできません。


目先のことだけに視点が向いていると、必然的に視野が狭くなってしまうものです。 




物事に対する視野が狭くなると、選べる選択肢の幅も当然狭くなりがちです。


考える幅が狭窄すると、行き着く先はお金の力に依存することになります。


普段から考え方を柔らかくすることで、お金以外での方法を考えることに繋げることができます。 



あわせて読みたいnote



お金は手段のひとつ


自分の人生を生きるなかで、自分がどんなことに幸せを感じたいのか。


そこを意識することは、お金が人生の最終地点じゃないことを知るきっかけとなります。


お金は自分を幸せにする1つのツールでしかないことを、自分から気がつくことが何よりも大切となります。


お金は手段のひとつとして理解する理由は、下記の3つです。


お金は手段のひとつとして理解する理由3つ
① お金は手段の1つである理由
②お金があっても幸せにはならない
③お金をどう使うかが大事 




1つずつ解説します。



お金があっても幸せにはならない


人生の幸福度を決めるのは、お金の有無よりも、自分の心に正直に生きた瞬間にあります。


お金に執着しても、自分の心を満たすことはできません。 




お金に恵まれていても、自分がどんな経験をしていくかで、人生の幸せさが決まっていきます。


お金に人生の全てを預けることなく、自分の気持ちを大事にすることが求められます。




お金をどう使うかが大事


自分の手元にお金があっても、それが自分の幸せに直結することはありません。


お金をどのように使うかによって、自分の生き方を豊かな方向に進めることが可能となります。




日常のお金の使い方を考えることで、自分の人生を幸せに向ける原動力となっていきます。


お金の使い方を考えることは、人生には可能性が溢れていることを表しています。


お金を所有することに躍起にならず、自分の人生をより良くする選択肢に気がつくことが大事なテーマになります。 



あわせて読みたいnote

まとめ:お金が人生の全てではない考え方を知って、自分の生き方を大事にしていこう


今回は、お金が人生の全てではない考え方をご紹介しました。


お金があったとしても、現実の自分が幸せになれる保証はどこにもありません。


自分がどうやって生きたいのかを、自分自身に問い続けることが、お金に執着しない生き方につながっていきます。


自分の視野を狭めず、柔軟な考え方と発想を自分で大事に考えていきましょう。


今回は以上です。

//目次に表示非表示ボタンを表示させる