MENU

世の中の流れに疑問を持つ考え方 【社会の常識は自分を作らない】

f:id:mubou_rakuzi:20201026074709j:plain

世間の常識に流されることなく、自分が信じる道を大事にしたい。人が決めたレールをなぞるだけじゃなく、自分の人生を歩んでいきたい。   

 


そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・社会の常識は変わる
・自分の信念を確認する




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、世の中の流れに疑問を持つ考え方をご紹介します。


自分の生き方を社会の流れに同調させているだけでは、自分が生きたい道が曖昧になります。


現代社会は多様な情報が溢れており、何が絶対的な基準であるかが分からなくなりがちです。


そのように、外部の情報に流されるだけじゃなく、自分がやりたいことを信じることが大事になります。


この記事を読むことで、自分が本当に大事にしたいことに気がつけるようになります。

 


それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote




世の中は刻一刻と変わる


常識と思われていることは、時間の経過とともに簡単にひっくり返ります。


評価の表と裏が何かの拍子で簡単に変わるなら、その常識は普遍的ではないのです。


変わることに自分がしがみつくよりも、自分が本当に信じたい普遍的なものを見つめることが大事になります。 






社会の常識は変わる

世の中の動きは頻繁に動くものであり、絶対的に動じない思想はもはや存在しないものです。
社会のあり方は常に変化することを前提に、自分がどう生きたいかを自問することが大切です。


自分を知るうえで、社会の常識について把握することが必要になります。


社会の常識は変わる理由は、下記の3つです。


社会の常識は変わる理由3つ
①人は新しいことを求める
②古いものは淘汰される
③時間は進み続ける




1つずつご紹介します。




人は新しいことを求める


人間は生きている限り、現状に慣れてしまう傾向があります。


今ある環境や状況の有難さが次第に薄れるようになり、さらなる理想を追い求めようとします。  




人間の心には潜在的なエゴが潜んでおり、現状の幸せさを忘れてしまいがちになります。


そのように、人は新しいことを求める心理を持っていることを、社会を成す前提として知っておくことが大事になります。

 


古いものは淘汰される


人類が今日まで発展していくなかで、古いものは淘汰されることの繰り返しがありました。


その新陳代謝が自然に行われてきた結果であり、その流れは誰も逆らうことはできません。


自分がコントロールできることと、できない流れを自分から知ることが大切です。  




新しいことを拒んでいれば、人としての衰退を意味します。


世の中の大多数が考える平均だけを信奉しないで、自分が信じたいことを真剣に見つめるかくごを大事にしていきましょう。


日々の学びを通して、自分が信じるものを発見する姿勢が必要になります。

 


時間は進み続ける


世の中にはびこる常識は、時間の流れとともに新鮮さを失います。


世の中が熱く信仰する常識は、まわりと自分の考え方を単に合わせたいだけの幻想だったりします。


その幻想に執着していても、自分が本当に求めたい生き方を具体的に表現することができません。  




そのように、今の時代に合った常識は新鮮味があるが、時間の経過と共に鮮度が劣化していくもの。


鮮度が失われた常識は、少しずつ支持していた人間が離れていきます。


時間の流れは、必然的に常識の在り方を変容させるのです。

 


自分の信念を確認する


社会の雑踏とした情報に翻弄されても、自分が求めたい生き方を体現できません。


まわりがどんな意見を持っていても、あなたが生きたい人生を歩む覚悟が大切になります。


この世界を生きるなかで、日常的に自分の信念を確認する必要があります。


自分の信念を確認する考え方は、下記の3つです。


自分の信念を確認する考え方3つ
①孤独の時間をつくる 
②誰かの意見に流されない
③自分の生き方を大事にする




1つずつご説明します。




孤独の時間をつくる


自分の内面を理解するために、自己との対話を重ねる必要があります。


誰かの意見に流されていては、いつまでも自分の考え方を証明することはできません。  




社会の中だけで自分の生き方を見つめていれば、必ず他者の意見が自分に向けられることになります。


外部の意見や評価に流されていると、本当に自分が感じている想いを見過ごすことになります。


外の世界から刺激を得て人生の視座を高めることはもちろん大事ですが、自分だけで自分と向き合う時間を設定することが欠かせません。


孤独の時間をつくることで、自分が何者かを知ることができます。

 


誰かの意見に流されない


人の評価や意見を素直に聞きすぎると、それが少なからず、あなたの考え方に影響を与えるようになります。


人からの評価に怯えて、本来の自分の姿に蓋をしていたら、それは苦しさを味わい続けることです。


人は自分が感じている想いを表現しきれないと、どこかのタイミングで自分の感情が崩壊することになってしまいます。  




自分の気持ちを大事にするために、世間が提示する常識だけが人生の正解じゃないと、自分から見方を変えてみることが大事です。


人の考え方より、まずは自分の心に誠実に人生を楽しみましょう。

 


自分の生き方を大事にする


誰かの機嫌を気にするばかりで、じぶんの本音を押し殺している人生。


その時間に、あなたが求めたい幸せを見出すことができますか?


人の考え方を尊重することは、社会で生きるうえで大事な要素であるが、それが行き過ぎることは控えたいもの。




自分の生き方をまわりに合わせているだけでは、お互いに心にストレスを抱えることになります。


現代の社会に対する見方を大多数の平均に合わせるより、自らの生き方を大切にすることが大事です。






まとめ:世の中の流れに疑問を持つことで、自分の人生を楽しもう


今回は、社会の流れに疑問を持つ考え方をご紹介しました。


世間の流れに身を任せているだけなら、自分が本当に大切にしたい生き方が不透明になってしまいます。 




自分が本当に大事にしたいことがあるなら、世間の圧力に屈しないマインドを持つことが必要です。


世間の平均があなたの幸せを保証するものではないので、自分の生き方を見つめることが大事になります。  

 


今回は以上です。

あわせて読みたいnote

//目次に表示非表示ボタンを表示させる