MENU

人生で絶望を楽しみに変える考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200419204259j:plain

 

人が人生を歩む中で、自由に人生の道を歩みたい。

誰かに言われた道だけを、ただ何となく歩むだけが人生じゃない。

人生の選択肢は数多く存在している。

目の前の状況だけを見て、それに絶望を感じるのも1つの生き様。

どういった生き方が正しいか。それはあなたの心にある。

 

 

目次

 

現状の生き方はどういうものか

f:id:mubou_rakuzi:20200419204305j:plain

自分の生き方を考えること。

それがこれからの自分の生き方を考える出発点となる。

出発する場所を明確に知ることで、次の行動に結びつけられる。

出発点を理解したら、あとは目的地に向かって歩んでいくだけ。

それらを考える中で、今の現状を知ることは最も大切になる。

現状を把握すれば、何を変化させたいか、どういった進路を描いていきたいかが明確になる。

自分の今を理解することで、自分の生き方を再定義することになる。

自分の心を振り返って、心の声に耳を澄ませてみよう。

 

どんな生き方をしたいか

f:id:mubou_rakuzi:20200419204258j:plain

現状の自分を把握したら、自分は何をしたいかを想像してみる。

即断しなくても、自分の今までの経験と知識で少しずつイメージを膨らませることができる。

イメージを膨らませる中で、現状の自分にとって最適な方法を見出せるようになる。

どのような過程を歩んでいきたいか。

そこを誰かに決めてもらうんじゃなく、自分で最終的に決める。

その決めるプロセスが、自分が納得できる生き方を実現させる。

自身の生き方を考える時に外せないのは、自分の心に嘘をつかないこと。

嘘をつかないことで、素直に誠実になって生きられる。

それができるように、自分がなりたい姿を自分で決めてみよう。

 

自分の言葉と思考で理想は実現する

f:id:mubou_rakuzi:20200419204254j:plain

現状と未来に不安を感じて、もう絶望するしかない時。

その瞬間に自分の道は閉ざされる。

人生の道を閉ざさないために、自分が使う言葉と思考を明確にすることが大切。

人の心と頭はシンプル。

考えたことや発した言葉で、これからの現実をいくらでも作れる。

思考と言葉を自分の理想に思い切り近づける。

それでこそ、絶望と言われる状況を劇的に変えられる。

劇的な変化は、行動した自分が本気で実感できる。

 

まとめ

人の生き方は1つじゃない。

どの生き方も自分で決めることができる。

せっかくの自分の人生だからこそ、本気でなりたい自分になれる。

それも自分で決断できる。

自分で考えて、言葉で発することで絶望がいつしか楽しみになる。

なりたい自分には、いつでもなれる。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる