MENU

残された時間の過ごし方 【常識に固執しない】

f:id:mubou_rakuzi:20201020072906j:plain

人生に残された時間をどのように過ごせば良いかが分からない。残された人生をより充実して生きる考え方を知りたい。

 


そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・時間は戻らない
・人生は時間そのもの




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、残された時間の過ごし方についてご紹介します。


人が生きられる時間は無限ではなく、いつか人生が終わる瞬間が必ずやってきます。


その瞬間を迎えるまでに、自分がどんな時間を過ごしたいのかを問うことは、より心豊かに生きるうえで大切なことです。


時間に対する価値観は人それぞれですが、少なくとも自身の価値観が人生の時間を決定させます。


この記事を読むことで、自分の生き方を充実させる時間の使いを知ることができす。 

 


それでは、早速ご紹介していきます。


あわせて読みたいnote





人生は時間そのもの


あなたの人生を成すものは、一体なんですか?


時間を作ることが、自分の生き方を自由に決める基本となります。


時間との向き合い方を考えることで、自分の生き方を考えるきっかけとなります。

あわせて読みたいnote



人生の時間


時間があっても、自分がやりたいことがなければ、貴重な時間を無為に過ごすことになります。


今という時間が戻ることはなく、後悔ない生き方をしたいと、誰もが思うところ。


時間に対する価値観を考えると、人生の時間を変えるコツになります。


人生の時間を考えるコツは、下記の3つです。


人生の時間を考えるコツ3つ
① 時間がなければどうなるか
②時間の流れを知る
③幸せと時間の関係性




1つずつ解説します。





時間がなければどうなるか


自分が生きる人生に、時間がなければ何も経験することはできません。


時間との向き合い方を変えることで、自分がやりたいことを素直に表現できるようになります。 




どんな生き方を選択にせよ、人生に残された時間は限られています。


永遠に続く人生は存在しないので、その事実に自分から気がつく必要があります。


人は自分で生きる時間を実感できなければ、自分の人生を真に生きることはできません。




時間の流れを知る


人生で使える時間とは、止まることなく毎日流れていきます。


流れる時間は誰も止めることはできるものではなく、人が人として生きるために避けることができない宿命でもある。  




その不可避な条件に振り回されることなく、自分で受け止めることが大事になります。


流れる時間のなかで、生きている自分を実感すること。


その心構えが、自分の生き方に豊かにするコツです。

 


幸せと時間の関係性


自己の幸せを感じるときは、自分が日常で過ごす時間の価値を知ることが大切です。


人の幸せの定義は、一人ひとりによって異なるカタチを成しています。




幸せを感じる瞬間は、今ある時間を後悔なく過ごす中にあります。


時間の過ごし方を考えることは、自分にとっての幸せを実現させる上で不可欠な要素です。


人生は時間そのものである理由は、下記の3つです。


人生は時間そのものである理由3つ
① 今は過去となる 
②未来に執着しすぎない
③自分の時間の価値を知る 




1つずつご説明します。





今は過去となる


自分がどんな経験を積んでいくかが、そのままあなたのいきかたとなります。


誰かの考え方に染まっても、それを選ぶのは自分の決断に委ねられます。


今という時間があっても、時間が経てばその瞬間は過去のものになります。




どんな感覚を信じて、今を生きていこうともそれがあなたが生きる道になるのです。


誰かに自分の考え方を押し付ける以前に、自分から自分の内面をじっくりと見つめる時間を持つことが大事です。


今をどう生きるかが、これからの人生の充実度を決めます。




未来に執着しすぎない


見えない未来に翻弄されていても、そこから得られるのは時間を消耗した事実だけが残ります。


その事実を自分から見つめることで、自分がどうやって生きていくのかを知るきっかけとなります。


100%正確に当てることができる未来は存在しないので、不可能なことに時間と労力を費やす必要はないのです。 




見えないことに頭を悩ませているより、今の自分がフォーカスできる現実を見ることが大切になります。


執着する心は、いずれ自分自身のことを破綻させることになりかねないのです。

 


自分の時間の価値を知る




自分が過ごす時間を客観的に眺めることで、これからの人生の歩みを冷静に振り返ることができます。


時間は誰にでも与えられていますが、その価値を自分から実感できている人はあまりにも少ないです。


時間がなければ、人は感動した人生を歩むことはできないので、時間の存在を知ることが大事になります。 




今ある時間は当たり前の事実ではなく、奇跡の連続の上に成り立っていることを自覚することが大切です。


戻らない時間に固執しないで、今ある時間をどう受け止めるかがキーポイントになります。

 

あわせて読みたいnote



まとめ:自分に残された時間の過ごし方を知って、これからの生き方を大事にしよう


今回は、自分に残された時間の過ごし方をご紹介しました。


人生の時間は永遠にあるわけじゃなく、どこかで必ず終わりを迎えるもの。


その終わりのタイミングを自分で自覚することで、自分が本気で求めたい生き方を実現できるようになります。 

 


今回は以上です。

//目次に表示非表示ボタンを表示させる