MENU

行動で現実を変える考え方 【思考だけじゃ何も変わらない】

f:id:mubou_rakuzi:20201022090224j:plain

自分が生きるなかで、現状の生活に不安感が大きい。今の生き方を理想に近づけるために、現状を変える考え方を知りたい。 

 


そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・行動が人を変える
・空想だけでは現実はそのまま




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、行動で現実を変える考え方をご紹介します。


行動を変えるために、自分から行動することが先決です。


現状に対する不安を改善するために、自分の頭をフル回転させるだけで満足しているだけなら、何も現実は変わりません。


空想の世界だけで生きているだけでは、今の自分が生きている世界や景色は1つも変化しないです。


実際に自分から動き出すことで、不安な感情に支配される今から脱却できるようになります。


この記事を読むことで、現実を行動から変化させることが可能となります。 




それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote




人生を変えたい想い


今の現実に満足できているなら、自分の未来を悲観して考える必要はないかもしれません。


しかし、現代で生きる人の多くは、現実の生き方に少なからず不安を抱えて生きています。


自分の人生を変えたい心があるなら、これから先の人生を理想に近づけることが可能です。



あわせて読みたいnote


行動が人を変える


悩みを抱えているだけで、現実を何も変えようとしないなら、ずっとその状況は続くものです。


実際に動き出すことで、今の現状を1つずつ変えるきっかけを掴めるようになります。


考えて何も行動しないなら、今の状況が曖昧に継続するだけになります。


自分から行動することが、人生を変える最大のきっかけです。


行動が人を変える理由は、下記の3つです。


行動が人を変える理由3つ
① 現実を生きるのはあなた自身
②人生は今そこにある時間である
③理想は叶えるためにある




1つずつご紹介します。




現実を生きるのはあなた自身


自分が生きることは、自分らしく生きていくことを可能にします。


あなた自身の生き方は誰かにコントロールされているものじゃなく、自分からやりたいことを選択するものです。




他者に自分の人生を預けている意識では、自分から現実を変えようとする意欲が湧いてきません。


自分が生きる現実は空想の中で完結する時間ではなく、今という瞬間にあります。


今の時間の過ごし方を実際に変えることが、自分の人生を変える最短のルートになります。

 


人生は今そこにある時間である


今という時間を生きることが、自分の人生をカタチづくります。


どんな風に時間を使うかが、自分らしい人生を成していきます。


頭の中だけで考えていても、自分の今を変えることはできません。  




心身を動かすための環境を自分から強制的に整えることが、現状を変える原点となります。


現実の世界でカタチをつくる意識で、身体を動かして経験を積んでいくことが、人生の生き方を変えていきます。

 


理想は叶えるためにある


あなたが思い描く理想は、現実でカタチにしないことには意味がありません。


絵に描いた餅で満足することなく、自分から経験を重ねることが、自分らしく生きることにつながります。


理想を抱えるだけで納得できるなら、現状に悩み倒す心配はありません。


本気で人生を変えたいなら、現状を変えるための挑戦を繰り返していくことが欠かせません。 




実体験としての失敗が、自分の生き方を一歩ずつ変革するための原動力となるのです。


理想だけを大切にしていても、そこから人生が劇的に変わる可能性は0です。


失敗を楽しむ覚悟が、自分の行動を支えてくれます。

 

あわせて読みたいnote



空想だけでは現実はそのまま


考えを尽くしても、あなたの現実が何も期待することはできません。


これから自分がやるべきことが明確になっているなら、それを行動に落とし込むことが大事になります。


空想にふけっていても、自分が叶えたい幸せを実現する可能性は1ミリも上がらない事実を認識することからはじめましょう。


空想だけで現実が変わらない理由は、下記の3つです。


現実が変わらない理由3つ
① 現状がすべてだと勘違いしている
②自分の限界を知らない
③動き出すことでしか今は変わらない




1つずつご説明します。




現状がすべてだと勘違いしている


自分が過ごしている現実だけが、自分が生きる世界だと思い込んでしまうと危険です。


ひとつの考え方に囚われていると、それしか見ることができなくなります。




考え方が固定化されてしまうと、新しい自身の可能性に気がつくことができなくなります。


行動するために、自分が普段から考える常識に固執することなく、広い視野と視点を捉える必要があります。


今という時間だけを絶対視することなく、自分ができることから一歩ずつ進めることが大切です。 




自分の限界を知らない


不満や不安があっても何も行動しない人は、自分の現状に無意識のうちに納得している可能性があります。


人は新しいことに挑戦するより、現状を維持することを無意識で選択します。


そのため、人は自分に過剰な負担を強いることを避ける習性を持っています。 




未知の領域に挑まないことは、自分の現状を肯定することを意味しており、それが自分の変化を阻害する一因です。


冷静な視点を持って、自分の限界地点がどこにあるのかを、自分から確かめる時間を大切にしていきましょう。



自身の限界を知ることが、新しい生き方を開拓する希望になります。

 


動き出すことでしか今は変わらない


考えているだけに時間を費やしていても、今の生き方を変えることはできません。


頭の中だけで物事を完結させようとしても、自分が本来やるべきことが明確に設定することができなくなります。


その状況に満足しないで、自分から動き出すことを優先する必要があります。 




実際に今の生き方を変えるには、自分から行動を起こすしか方法はありません。


動き出す際のリスクを考える時点で、未来に対するリスクとなります。


現状の殻に閉じこもるより、自分から理想の生き方に向かっていく行動を現実に積み重ねていくことが大切になります。 

 

あわせて読みたいnote



まとめ:行動で現実を変えることで、人生を豊かに生きていこう


今回は、行動で現実を変える考え方をご紹介しました。


今の現状に不安を抱えているなら、自分の行動を現実レベルから変えていくことが大事になります。 




自然体で行動できるために、自身がいる環境を整えることに力を注ぐことが出発地点です。


人生を変えるために、自分の生き方を真剣に見つめる時間を持つところから始めましょう。  




今回は以上です。

あわせて読みたいnote

//目次に表示非表示ボタンを表示させる