MENU

人生を諦めるのは早い。人生を巻き返す考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200429164355j:plain 

 

自分の人生を生きる上で、今を大切に過ごせていれば良い。

大切にできないで、日々を悶々と過ごす人は多い。

どんな生き方をしたいか。

それを明確に決めることができれば、途中で人生を投げ出すことはなくなる。

自分が生きる道は、自分で自由に選べる。

それが人生というものだから。

うまくいっていないといって諦めるのは早い。

諦めないことで、道は拓ける。

 

 

 目次

 

 自分の心に素直になってみる

f:id:mubou_rakuzi:20200429164350j:plain

人生を複雑に考えると、自分の生き方に自信を持てなくなってしまうもの。

自信がなければ、何をやってもうまくことが進まなくなってしまう。

うまく人生という旅ができるかは、自分の心が決める。

自分の人生はもうダメだって絶望する時は、自分の心が勝手にそう決めているだけ。

他者が自分の心のスイッチを直接的に切り替えるわけじゃない。

まずは、自分が持っている心と向き合ってみよう。

自問自答する気持ちがあれば、どんなことがあっても諦めないで行動できる。

自身の心に嘘をつかないで、誠実な気持ちを大切に日々を送ってみる。

嘘をつかないで、誠実な心持ちを大切にしたい。

 

 

いま何をやりたいかを明確にする

f:id:mubou_rakuzi:20200429164347j:plain

自分の人生で何を成し遂げたいか。

やりたいことがあれば、自分から主体的に動き出してみよう。

何事もやってみないことには、何も成功は得られない。

成功は、実際にアクションを起こした者にだけやってくる。

人生で残された時間は少ないし、時間はあっと間に過ぎていく。

限りある時間の中で、自分が本気でやりたいことがあるなら、それに挑戦しよう。

何も挑戦しないなら、今は永遠に変わらない。

心からやってみたいことがあれば、純粋にやってみるだけ。

余計なことに心を砕くより、自分から選択する勇気を持とう。

 

他者の評価より、自分の評価を大切にする

f:id:mubou_rakuzi:20200429164344j:plain

自分自身に制限をかけることで、そこからの行動は進まなくなる。

制限をかけるのは簡単であり、勝手に心は挑戦を忘れることができる。

挑むことを忘れてしまうと、今の現状で妥協するしか選択肢がなくなる。

それで人生が満足なら、何も言うことはない。

ただ1ミリでも不満があるなら、自分から動き出すことが大切。

その不満はのほとんどは、他者から勝手に評価されて生まれることが多い。

勘違いしないでほしくないのは、自分の評価は他者の視点で勝手に下される。

自分はこうだと思っても、相手がそれを認めないならそれが事実となる。

他者が感じることは、修正させることもできない。

他者が決める評価より、自分が決める評価を大切にしたいところ。

 

まとめ

生きること諦めない。

自分が納得する生き方は自分で決められる。

簡単に諦めないことで、自分が生きる道は必ず拓ける。

その気持ちを忘れることなく、今を進んでいくこと。

その心があれば、諦めないで巻き返しを図る動機付けとなる。

 

 

最後までありがとうございます!

  

//目次に表示非表示ボタンを表示させる