MENU

人生を投げ出さない考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200615083419j:plain

もう、人生を投げ出したい。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

 目次

 

自分が何を成し遂げたいのか

人の一生を考える時、自分自身は何をしたいのか。

その明確な意思があれば、どこに向かっても自信を持って進んでいける。

その自分の自信は、自分が進んでいく目的があればこそ育まれる。

自分がどこに向かって歩みを進めるのか。

歩む方向は、誰かにいつも教えてもらうものじゃなく、最終的には自分で選べる。

自分が決意した目的が、自分が求める世界へ進んでいける。

人生に絶対的な答えは用意されていないから、自分自身で見つけてそれを具体化していくことが大切。

誰かにとらわれず、自分自身が「何をしたいか」を見失わないことが、自分らしい本気の生き方を叶えてくれる。

 

人生はどう進むかわからない

自分が何をしたいのか。

その思いを明確に見据えることが、自分の人生を楽しい瞬間にしてくれる。

その瞬間は、いつでも自分自身で創造することができる。

どう人生を築いていくかは、個人の自由に委ねられている。

誰かに自分の人生を託すより、自分から主体的に創造することが幸せを運べる。

自分でコントロールできる幸せに、今一度、気がつくことが大事になる。

自分で人生の主導権を握れることに気がつけば、今から立って行動を起こせる。

人生は行動を起こすことで、現状をより改善することができる。

今からの人生で、どう進んでいくのか分からなければ、自分自身に問いかけてみる。

そうやって自問自答することで、自分が信じたい道が見えてくる。

 

自分ができることに集中する

人生を投げ出したくなったなら、自分ができることだけに意識を向ける。

できないことに目を向けても、それが突然変異としてできるようにはならない。

できることがあれば、それだけで自分の自信を作ることができる。

大きなことをいきなりやろうとしない。

小さいことであっても、コツコツと自分の実績を積み上げる。

その際は誰かと比べる必要なんてない。

誰かと比べようとせずに、ありのままの自分を楽しんでいく。

その気持ちがあれば、他者の評価に振り回されることなく、自分らしさを人生で表現出来るようになる。

 

まとめ

自分の未来はどう進むか分からない。

どういう価値観を抱いていても、それはその人の価値観である。

価値観は否定されるものではなく、自分が信じたことをやっていく。

それが自分自身の力となり、それが人生となっていく。

今の人生を投げ出したくなっても、自分の思い次第でできることがある。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる