MENU

自分が好きなことをやり切る考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200616160101j:plain

自分の好きなことが中途半端になってしまう。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

 目次

  1. 自分で納得する道を歩んでいく
  2. やりたくないことはやらない
  3. 本気になれることだけ取り組む

 

自分で納得する道を歩んでいく

自分自身が抱く夢は、誰かの人生のためじゃなく自分のためにある。

自分の心に誠実に生きることが、自分のライフスタイルを確立させてくれる。

人生に決まった道のりはないので、自分で好きなようにアレンジすることができる。

そのアレンジの仕方は、自分の思考と気持ち次第でいくらでも作ることができる。

生き方には、絶対的な通り道は存在しない。

自分自身で創意工夫を施すことで、自分が行きたい道が見えてくる。

自分で納得できないなら、それは本当の人生ではない。

自分の心に不信感を抱かない、自由自在な生き方を目指していこう。

  

やりたくないことはやらない

自分自身がやりたいことがあれば、それに向かって進んでいく。

その取り組みがあれば、本当の自分の姿を表現して道を歩んでいける。

その継続があれば、自分の人生に誇りを持って瞬間的な幸せを継続できる。

一瞬の幸せを続けることが、その人の幸福となっていく。

人は嫌なことをやっていても、気持ちがただ萎えるだけである。

嫌なことをやり続けるより、自分が本気になってやりたいことをに集中する。

それができる環境を、自分自身で整えていくことが非常に大切となる。

やりたいことをやるためにはどうすれば良いか。

その問いかけを、常に自分自身に発信することが新しい道に気がつける。

 

本気になれることだけ取り組む

自分が本気になれることを、日常の中から見つけ出す。

その取り組みがあって、自分の生き方に自信を持てるようになる。

その可能性は、自分の心にいつも眠っており、それを解放するのは自分自身。

誰かに自分の力を引き出すしてもらうことに期待するより、自分自身で力を発揮していく。

その問いかけを忘れないことが、自分が求める幸せを実現できる。

その感覚を忘れないことが、いつでもほんとうの自由を体現できる。

本気になれない事は、やらなくて良い。

好きなことだけを選択する勇気を、今から持とう。

自分の心を疲弊させるより、心に自分の豊かさを蓄積していこう。

 

まとめ

自分が心から成し遂げたい夢は何か。

そのテーマに対して、自分の思考をいつでもフルに回転させていく。

その行動があって、自分らしい生き方を実現できる。

自分らしい生き方は、自分が納得する生き方を実現したときに得られる。

何かにとらわれないで、無数の情報にも流されない。

本当の自分の姿とは何か、それを一定の時間軸から考えていくことが人生の喜びとなっていく。

 

 

最後までありがとうございます!

  

//目次に表示非表示ボタンを表示させる