MENU

勉強が人生を変える考え方

f:id:mubou_rakuzi:20200602201635j:plain

勉強の意味がさっぱり分からない。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

目次

 

自分の理想を決める

今の現状に納得がいかなければ、自分がこれからどうしていきたいのかを決めてみる。

人生の進む方向性を確定することで、迷いなく行動を積み上げることが可能になる。

自分が歩んでいく道が不確定なら、どういう行動を積み重ねていけばいいのかが分からなくなる。

それは誰かの責任ではなく、自分の責任で現状が現れてきた。

逆に考えれば、自分がやるべきことをやれば、やりたい未来に向かって進んでいける。

そういった理想に向かって、自分の豊かさを実現させたいのか。

そこを自分の心で覚悟を決める、そのマインドがあれば目標を見失わずに突き進んでいける。

自分の目的地を決めることが、自分としての人生を切り開けるようになる。

 

理想を叶える学びを棚卸しする

自分の理想を叶えるために、今の自分にとって何が必要なのか。

そこを自問自答することで、必ず見えてくるものがある。

見えてくるものがあれば、それを実現するために、現実世界で自分ができることに集中していこう。

自分ができる事は、自分の世界観を広げることであり、経験の幅を広げていくことになる。

それらの事は、自分の意思次第でどこまでも積み重ねることができる。

自分が知っていることを増やせば、必然的に自分の理想を叶える選択肢をストックできる。

選択肢を多く持つ事は、自分の生き方をより豊かにさせてくれる。

選択肢を増やすために、日々どんなことを学んでいけば良いのかを知る必要がある。

 

勉強で人生が変わる

夢を叶えるために、どういう理想が必要なのか。

理想の形は、一人ひとりによって当然違ってくる。

その違いを否定することなく、一人一人が理解して受け止めることで、より自分自身と向き合える時間を作れる。

その時間の中で、自分の知識と学びを深める事は、自身の生き方をいっそう楽しくできるようになる。

それがなければ、何も感じることがないまま人生が終わっていく。

自分が熱中したいことに勉強の時間を費やすことで、これから歩む道を確定できる。

勉強する事は、自分の生き方を心地よくするためのツールとなる。

それを自分自身で、しっかりと確認することがより良い人生を実現できるようになっていく。

  

まとめ

勉強することをやめれば、そこで人生が終わってしまう。

学び続ける事は、自分が知らない可能性と出会えるチャンスとなる。

そのチャンスとは、誰かに教えてもらうばかりじゃなく、自分で主体的に掴み取ることが大切になる。

自ら学ぶことで、能動的な気づきを得られるようになる。

主体的な納得感があれば、学びをどんどん深めることができる。

勉強こそが、人生を豊かに変える最強の方法になる。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる