MENU

人生をどう生きるか 【自らへの問い】

f:id:mubou_rakuzi:20200921181210j:plain

現代は様々な発展を遂げているなかで、自分がどうやって生きていくかを考えたい。社会の評価に左右されず、自分で決めた生き方を実現していきたい。 




そんな悩みを解決します。


今回は、人生の生き方をご紹介します。


本記事の内容

・人生で何を選ぶか
・自分が何を感じたいか




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




人はそれぞれ、その人にしか分からない想いを抱えています。


その気持ちを自分で知ることで、人生の生き方を明確に持つことができるようになります。


この記事を読むことで、人生への問いを深めることができます。




それでは、早速ご紹介していきます。



あわせて読みたいnote

目次




人生の過ごし方


人が生きることは、その人でしか実感できない感覚があります。


その人が感じている価値観に絶対の基準はないので、いろいろな価値観の存在を認識することが大事になります。





人生で何を選ぶか


自分の人生を生きることは、何を選んでいくかを決断することであり、それと同時に、何かを捨てることを意味します。


どんなことを選び取るかは、その人の感覚によって異なるので、そこを前提に選びたい道を見極めていく必要があります。


生きる選択肢を選ぶコツは、下記の3つです。


生きる選択肢を選ぶコツ3つ
①自分の想いを知る
②自分で思考を深める
③時代に流されない




1つずつ解説します。


自分の想いを知る


生き方を考えるなかで、外的の環境ばかりに目を向けてばかりでは、何も始まりません。


自分の思いを表現することで、人生の歩み方を具体的に表せます。 




人が生きる道には正解は用意されていないので、自身で発見して実践していく勇気を持つことが肝要になります。


どんな人生を送るかは、自身の内面と語り合う過程で見えてくるものです。




自分で思考を深める


どう生きていくかを考えるとき、自らの思考に焦点を合わせることで、自身の考え方を整理できます。


どんなことを感じているのか、そこを自分から発見することで、これからの人生を具体的に想像できるようになります。 




人と自分を比べることなく、自分が信じる想いに意識を向けて、これからを歩んでいきましょう。


自分の思考を深めていく過程で、自分が選びたい選択肢を絞り込めます。


多様な選択肢に翻弄されることなく、自分がやるべき行動の優先順位を明らかにすることが大事になります。




時代に流されない


人生の選択肢を選ぶなかで、自分が選びたい道を自分で見極めることが大切です。


自分が選択する生き方とは、社会の常識に縛られる必要はなく、自分の心が求める方向に目を向けていこう。 




激動の時代のなかで、雑多な情報に飲み込まれることなく、自分の幸せを叶える情報に触れることが大事です。


時代の波に流されていても、自分が心から求めたい生き方を手にできません。


氾濫している情報から、自分の生き方に自信も持たせる生き方を実現していこう。 





自分が何を感じたいか


人は日常のなかで、多方面から情報に触れ続けています。


受け取る情報が全て正しいものとは限らず、真偽を疑う情報も世の中には存在しています。


何も考えずに情報を吸収していたら、自分の人生をより豊かにするきっかけを掴めなくなります。


自分の心を感じるコツは、下記の3つです。


自分の心を感じるコツ3つ
①世間体に振り回されない
②自分が信じる今を感じる
③人の評価より自身の人生




1つずつご説明します。


世間体に振り回されない


自らの人生を考えるなかで、自分の心に素直になれば、生きていく方向性が見えてきます。


その際には、社会の通念に囚われることなく、自分で感じることに意識を向けていこう。


自分が本気で求めていないことで頭を抱えていても、自分が生きる道は開かれません。


世間に流されず、自分の芯を揺るがすことなく、理想の人生を進んでいこう。




自分が信じる今を感じる


人の一生には絶対的な正解はないので、手探りで理想とする生き方を見出す勇気が大事です。


人生は今この瞬間の積み上げであり、その人としての生き方になる。 




自分が過ごす今を実感することで、自分の生き方を見つめなおせる。


今という瞬間は、二度と取り戻すことができないからこそ、想いを込めて生きていこう。 




人からの評価より自身の人生


人は誰しも自分の人生を生きており、主体的に生きることを願っています。


自分でどうやって生きるかの決断を下すことが、人として生きる原点になります。 




しかし、現代社会は他者からの評価に一喜一憂してしまう傾向があります。


その傾向に自己を同調させないで、自分が求める生き方を信じていこう。


人の評価を気にしていれば、自分として信じることが分からなくなります。


自分がどうしたいのか、そこを意識することから自分の人生が始まります。 



あわせて読みたいnote

まとめ:人生をどう生きるかを考えて、自分の豊かさを体現しよう


今回は、人生の生き方における考え方をご紹介しました。


人生の価値観は、その人によって違うので、どの生き方を信じたいかを選ぶことが何よりも大事です。


社会が発信する常識に左右されず、自分が信じる人生を信じていきましょう。


人生の奥深さを理解する姿勢が、あなたの人生の時間を豊かにします。




今回は以上です。


//目次に表示非表示ボタンを表示させる