MENU

時間の価値を改めて、現代で生きる考え方【現実と向き合う】

f:id:mubou_rakuzi:20200719123019j:plain

思った通りに人生の時間を過ごせていない。

現実逃避しないで、人生の時間と向き合う考え方を知りたい

 

そんな悩みを解決します。

 

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。

人生論を綴るブログ記事を200本ほど書いてきました。

 

今回は、人生の時間を充実させて生きる考え方をご紹介します。

時間と正面から向き合うことで、自分が生きる今を考え直すきっかけになっていきます。

悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

それでは、早速ご紹介していきます。

 

 

 

目次

 

人生の時間とは

人生を生きていくなかで、人は時間の価値を知らずのうちに忘れてしまっている。

時間があるからこそ、人は生きることが可能になり、そこから新たなる道に進んでいけるチャンスとなっていきます。

時間と正面から向き合うことで、これから体感する時間を大切に扱えるようになります。

時間があることに感謝して、自分が送りたい人生を誠実に歩んでいきましょう。

 

現実から逃げたい

時間が無情に過ぎ去っていくことは、逆らえない自然の摂理です。

その過ぎ去る時間があることは、自分の人生が終わりに近づいていることを意味します。

時間は人間の為に待ってはくれないうえ、誰に対しても平等に時を正確に刻んでくれています。

その過ぎ去る時間は、最終的に人の終焉に辿り着きます。

人は終わりを迎えてしまう恐れのあまり、今のいる現実から逃げてしまう傾向にある。

時が過ぎ去る無情さを受け止めてこそ、現実で力強く生きることができるようになります。

 

叶えたい理想がある

現実から目を背けていても、その状況に何の変化も起きません、

 今を過ごす時間をどうやって過ごしていくかが、自分の人生を受け止める機会となります。 

現実から逃げたい心境は、自らが掲げる理想と現実のギャップから生み出されることがあります。

自分が叶えたい理想が高すぎれば、現実と埋められない空虚さを感じるようになります。

時間の価値を考えられない時は、自分の中で叶えたい理想があるってことを、自分で確認しておきたいところ。

 

何もしなくても生きられる葛藤

理想とする現実があればそれを叶える為に、今の時間を有意義に使っていこう。

それを可能にするために、今のまでの生き方を考えて直す必要があります。

従来であれば、時間について考えなくても、十分に生きることができていました。

現代社会は物質的に非常に恵まれた環境にあるので、特に危機感を持って生きる必要はなかった。

しかし、その環境に甘んじている間に、時間だけは止まることなく進んで生きます。

現状の不自由ない環境を、今一度、自分から見直してみることが大事になっていきます。

 

生きたい現実の姿とは 

現代社会は死にものぐるいで生きなくても、今の物質的な豊かさだけを信じていれば、生きていくことは容易にできます。

その状況だけを信じていたら、時間の貴重さを意識する必要性を感じられなくなります。 

そのため、現代を生きる人は、人生をにおける危機感を時間の中から見出していくことが大事になる。

今の現実を知ることで、自分が生きたい理想の姿を感じることができます。

 

理想と現実の狭間

現実を受け止めることで、自分が感じる時間の価値を見直せるようになります。

時間は人が生きていくために欠かせないものです。

その時間をどうやって大切にするかで、これからの自分の歩みを知るチャンスになります。

人は理想の夢があるからこそ、現実から目を背けたくなってしまう。

理想と現実のギャップは、まず自らの時間の価値を正面にから見つめ直すことから解消できます。

 

自分が生きたいように。

理想と現実の狭間で揺れる不安は、自身が体感する時間を見つめることがカギとなる。

自分が自由に生きていくために、時間に対する価値を見直すことが大切になります。

過ぎてしまった時間は、いくら強く願ったところで戻ってはきません。

時間という価値の感じる肩を見直すことで、自身の人生が豊かになっていくでしょう。

 

まとめ:生きる時間を見直して、納得できる人生に変えていこう

自分が生きていくために、いまの自分が使っている時間の価値を深く掘り下げていきましょう。

今回ご紹介した考え方で、自分の人生を心から納得できるものに変えることができます。

本記事で気になった部分から、日常生活のなかで試してみてくださいね。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる