不要な感情を潔くリセットする考え方 【現実の行動に着目し続ける】

考えても仕方ない感情に支配され、行動を起こすことができない。背負う必要がないことに執着しない、自由な行動を導きたい。  

  


そんな悩みを解決します。


本記事の内容

不要な感情を潔くリセットする考え方




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、不要な感情を潔くリセットする考え方をご紹介します。


生きていれば自身の力だけでコントロールできない状況が起こり得るもので、いかにしてそれに対応するかが大切になります。


自ら選べない状況を卑屈に感じても、突破口を見出せなくなります。 




自身の人生にとって不必要なことを、改めて整理していきましょう。


この記事を読むことで、不要な感情を潔くリセットする考え方を知ることができます。   



それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote




大切なことは多くない


自分が大事に思っていることでも、それが本当に正しいと断定できないもの。


勝手に抱いたイメージと現実の世界を、明確に分けて考えることが大切です。


考えることで息苦しさを抱える選択肢を、建設的に遮断する勇気が大事になります。  






心を身軽に生きる


自身の内面的な状態を、普段から客観的に捉える視点が大事になります。


本当に歩みたい人生の道に、何が本質を意味するのか。 




不要な情報や感覚を暴走させず、落ち着いて自分を観察する姿勢が欠かせません。


不要な感情を潔くリセットする考え方は、下記の3つです。


不要な感情を潔くリセットする考え方  

  1. 認識の負担を軽くする
  2. 思考と行動はつながる
  3. 幸せをシンプルに突き詰める


 

ひとつずつご説明します。




認識の負担を軽くする


自身の心を圧迫させる事象を延々と考えても、それが絶対的な幸せに通じることはありません。


これまでの認識を正しいと思っているのは、自分だけの可能性もあり得ます。  




深く考えずに頭に浮かんだ価値観を、違った視点から見つめてみる。


その経験を継続的に体感することが、凝り固まった負担を軽くさせます。   






思考と行動はつながる


どのようなことを考えるかで、自身の行動が変わっていきます。


その因果関係に自覚的になることは、スッキリとした心を整える助けとなります。  




メンタルを安定的に保つ準備を、当事者意識を持って行っていく。


その習慣を息を吸うように実践できるようになれば、不毛な思い込みを切り離せるようになります。  






幸せをシンプルに突き詰める


余計な心配事に苛まれる時間を、幸福に過ごせる方向に転換することが大切です。


不幸なイメージを固めることは、自分が生きる現実をそれに当てはめることになってしまいます。  




自らの幸せに結びつく言動を、シンプルに明らかにしてみる。


現状に溺れる以前から、本気で体感したい幸せを明確に描いていきましょう。 






まとめ:不要な感情を潔くリセットすることで、選ぶ行動を整えていこう


今回は、不要な感情を潔くリセットする考え方をご紹介しました。


実際に動き出す前に、自身の未来を固定化する必要性はありません。


自身の価値観だけで決めつけたイメージが、現実に反映されるとは限らない。


不要な感情を拭い去ることで、本来ありたい姿に近づけるようになります。  




今回は以上です。

あわせて読みたいnote