MENU

生きることをシンプルに見なおす 【生き方は自由に選べる】

f:id:mubou_rakuzi:20201120073350j:plain

時代が激しく変化するなかで、自分の生き方の軸を確立させたい。  

 
そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・シンプルは生きる本質
・正解のない生き方




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、生きることをシンプルに見なおす考え方をご紹介します。


人々は自分の暮らしを営むことで、自身が生きていることを実感できるものです。


時代の変化によって、その都度、最適とされる生き方が大きく変動する世の中になっています。


まわりの価値観に流されず、自分がどう生きたいのかを知ることは、シンプルに生きることを叶える方法の1つです。


この記事を読むことで、自分の生き方をシンプルに方向付けることができます。  

 


それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote



人生の営み


自分が生きていくことは、決して難しく考える必要はありません。


生きていることを全うすることが、人生を生きることにつながっていきます。




シンプルは生きる本質

生きることを意図的に困難に考えても、納得できる生き方は実現できません。
自分の現状を冷静に分析することで、本当の自分の姿を認識できます。


執着することなく、自分らしさをシンプルに考えてみることが大切です。


シンプルは生きる本質である理由は、下記の3つです。


シンプルは生きる本質的な理由3つ
① 人生に必須のことは少ない 
②本当に大事なこと
③引き算思考で考える 




1つずつご説明します。




人生に必須のことは少ない


自分の生き方を考えるなかで、どんなことが自分らしさを表現しますか?


なくては生きていけないことを考えることは、シンプルに生きるコツです。


雑多なことに翻弄されていても、自分が大事にしたいことが見えなくなります。  




自分が大事にしたいことは、他者に決断してもらわず、自分から選ぶ果敢さが大事になります。


人生のなかで、なくてはならないものを抽出する作業をすることで、シンプルな本質を見出せます。 

 


本当に大事なこと


あなたが生きられる時間は限られています。


どんな人であっても、過ごせる時間は永遠ではないもの。


自分が生きている時間を、自分のためにフルに使えるかどうかが、あなたの生き方を有意義なものにするきっかけになります。


その時間のなかで、心から大事にしたいことは自分の日常の中にあるものです。 




自分が好きなことがあるなら、それだけに囲まれた時間を過ごすことが大事になります。


頭を抱えることだけで人生の時間を過ごすことなく、自分が納得できる瞬間を少しでも増やしていく工夫が生きる上で必要です。 

 


引き算思考で考える


人生の本質を見出した瞬間に、人は自分が生きていく道を明確に描くことができます。


人生の本質のカタチは、人によってさまざまなものがあります。


どんな人であっても、人としての心を持っています。


心に描いている大事なことを、現実の世界で素直に表現してみる。 




ちょっとしたことであっても、表現することに大きな意義があるのです。


自分なりの表現を繰り返した先に、自分が求める本質に出会えるようになっていきます。 

 




正解のない生き方


人の一生には、これといった正解がありません。


正解がないなかで、自分で試行錯誤を繰り返しながら、今を生きていくことが大切な要素です。


生きる答えがないからこそ、生きる正解について思考を深める覚悟を持ちましょう。


正解のない生き方を考えるポイントは、下記の3つです。


生き方を考えるポイント3つ
①どの生き方も間違いじゃない
②正しさは人それぞれにある
③生きる責任は自分にある




1つずつ解説します。




どの生き方も間違いじゃない


人生には、絶対的な価値観や基準が存在していません。


生きている人間が、それぞれで信じる生き方を体現しています。


人の生き方に正解がないから、自分から発見していく勇気を持つことが必要です。 




そのため、生き方に間違いは存在していないので、腹を括って挑戦の切符を行使する権利があります。


誰かと自分の価値観を同一視することなく、自らが生きたい道を開拓していきましょう。  

 


正しさは人それぞれにある


人は簡単に譲れない、大事にしたいものがあります。


その想いに誠実になって生きることで、偽りなく生きる原点になっていきます。 




人によって物事の視点は異なり、どんなことであっても一致する物の見方はあり得ません。


自分だけの価値観を過大に評価することなく、本質として信じられることにスポットライトを当てていきましょう。 

 


生きる責任は自分にある


人生を生きるなかで、自分として生きていることを忘れてはいけないもの。


自分の存在を簡単に見失ってしまうと、どうやって生きていけば良いかが分からなくなります。 




複雑に考えることなく、シンプルに自分が大事にしたいことを純粋に抽出することが大事になります。


シンプルさを疑うことなく、自分が本気で大切にしたいことに目を向けていきましょう。 

 




まとめ:生きることをシンプルに見なおすことで、生き方を自由に選択していこう


今回は、生きることをシンプルに見つめる考え方をご紹介しました。


現代は情報が社会になってきたため、物事が複雑になってきています。 




複雑に考えることが増えると、自身の生き方に自信を持つことができなくなり、生きる道を見失うことになります。


シンプルに、自分の人生にとって本当に大切なことを見極めることが、人生を有意義に生きるコツです。  




今回は以上です。

あわせて読みたいnote

//目次に表示非表示ボタンを表示させる