MENU

人生にある本質の掴み方【今を生きる】

f:id:mubou_rakuzi:20200916073633j:plain

自分の人生を考えるときに、何が自分の核心部分なのかが見えないことがある。人生の本質を知るきっかけを知りたい。  




そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・本質の見つけ方
・どう自分が生きるか




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、人生にある本質の掴み方をご紹介します。


人には自分が信じたい生き方があり、それを実現させることに人は喜びを感じます。


人生の本質を知ることで、自分が歩む人生を深く考えるきっかけを得ることができます。


この記事を読むことで、自分の人生を見つめることで、求める本質を知れるようになります。 




それでは、早速ご紹介していきます。


あわせて読みたいnote

目次




人生で大事なこと




自分がこの世界で生きることは、自分でしか実感できないものです。


人生でいちばん大事なことは、あなたの心が知っています。



本質の見つけ方




人生の歩き方はその人の感覚によって違ってくるものであり、他者と必要以上に比較しないでよいのです。


自分で生きていく人生は、自らの感覚を信じることから始まります。


あなたにとっての人生の本質に気がつくことで、自分がやりたいことが鮮明になって見えてきます。


本質の見つけ方は、下記の3つです。


人生の本質の見つけ方3つ
①自分の心と向き合う
②何を求めたいかを問う
③他者より自分の心




1つずつ解説します。


自分の心と向き合う




自分の人生を歩むことは、自分から発見するものであり、誰かに教えてもらえることではありません。


生きていくことは、どんな状況であっても自分のことを捨てることなく、今の自分ができることに意識を集中していくことが大事になります。


そのために、自らの内面と会話する時間を確保することが必要です。 




自分の心と向き合うプロセスを経ることで、自分の人生を真剣に考えてきっかけを掴めるようになります。


その経験を重ねることで、自分が求める希望ある人生を発見できます。 




何を求めたいかを問う




自身の心を知ることで、自分が為すべきことを明確に捉えることが可能となります。


その瞬間を増やすことが、自分としての生き様を表現することになり、その延長線上に自分自身の幸せを実感できるようになります。  




向き合う対象を外の世界に向け過ぎると、本当の自分の感覚や想いに確信を持てなくなります。


外部を気にし過ぎないで、自分の気持ちをじっくり受け止める作業を積み上げていくことご大事になります。 




他者より自分の心




自分として生きていくことは、社会や環境に責任を転嫁している場合ではありません。


 どういった生き方を選択しても、それは自分で選んだ結果でしかないのです。 




その現実から逃げることなく、自身の生き様を丁寧に知ろうとする覚悟を絶やさないでいたいものです。


周囲の動向に気を取られていても、自分がやるべきことを明確に実感することはできません。


周りからどんな評価をされても、自分が本気で何をしたいのかを信じる勇気を抱き続けることが大事です。  




どう自分が生きるか




自分がどう生きていくかを知ることは、人生の迷子にならずに真っ直ぐに歩みを進めるきっかけになる。


人の生き方に正解はないので、自分で感じることを信じることが大事になります。


どう自分が生きていくかのコツは、下記の3つです。


自分の生き方を知るコツ3つ
①成功より納得感
②過去は捨てる
③今を全力で生きる




1つずつご説明します。


成功より納得感




世の中を俯瞰して眺めると、人の生きがいが何かが見えてくる瞬間があります。


人が感じたいことや理想とすることは、その人によってバラバラであり、世界中の人の感覚が統一されているわけではありません。 




現代社会は資本主義の流れが急速に蔓延するようになり、目先の成功を目指す人が急増しています。


表面的な成功を達成しても、それで得られる幸せは決して長続きすることはありません。


薄っぺらい成功に心を支配させるより、自分が信じる納得感をいちばん大事にしていきまましょう。 




過去は捨てる




生きてきた人生を振り返ることに、何か特別な意味があるわけじゃありません。


過去になった時間は二度と戻ることなく、時間だけ無情にも流れていきます。




目の前を通過した時間をやり直すことはできないため、今を後悔することなく生きる気概を忘れないことが必要になります。


過去に執着することなく、自分ができることに意識を向けて続けることが、自分の人生に誇りを持てるきっかけになります。




今を全力で生きる




過去の時間に左右されることなく、自分の人生を信じることが、自らを生かす原動力となります。


時代の多様な価値観に翻弄されることなく、自分が選びたい人生の道を選択していくことが大事になります。




今を生きる自分は、今の自分でしか実感することができません。


どの生き方であっても、自分の人生を諦めない心を持ち続けよう。


その姿勢が、自分の今を輝かせる最大の喜びに変わります。 




まとめ:人生の本質を掴んで、自分の今を生きていこう




今回は、人生の本質を掴向け考え方をご紹介しました。


人が生きる道に正解はないので、自分がやりたいことに真剣に向き合っていく姿勢が大事です。


周囲の情報に左右されることなく、自分の信念を信じていきましょう。


人生の本質とは、自分自身で行動することで初めて得ることができるものです。 




今回は以上です。


あわせて読みたいnote

//目次に表示非表示ボタンを表示させる