MENU

生きることを躊躇わない考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200608200058j:plain

思い切った人生を歩んでいけない。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

 目次

 

人生で何を成し遂げたいか

生きていく中で、自分が日々何を感じ取るか。

その感じるものが積み重なって、今の自分を形成している。

過去の経験と出来事があって、今の自分が存在できている。

その過去の時間を振り返っても、二度と戻る事は無い。

取り戻すことはできないが、今の自分を分析するために過去に目を向けることも大切。

人生で過ごした時間は永遠に戻ることはない。

その事実を自分で理解することが、より豊かな生き方を実現できる。

今日までの行動が、まだ見ぬ未来を築いていく。

その事実を自分で理解することで、今からの行動を具体的に変化させることができる。

未来の自分は、今の自分の延長線上にある。

何を成し遂げるかが、自分の人生をより豊かにさせてくれる。

 

自分が熱中したい事は何か

自分が本気で成し遂げたい夢があれば、それに向かって日々歩んでいくことが大切になる。

何かに心をとらわれるより、自分が本気になれることに集中していこう。

自分の心を失わないことで、常に前に進んでいける。

中途半端に考えて悩んでも、それが豊かな人生を構築してくれる絶対的な保証は無い。

考えるなら自分にとって、積極的にプラスになることを考えていこう。

それは自分の受け取り方で、どこまでも自由に変えることができる。

受け取り方と言う解釈を1ミリずつ変えれば、それに伴って自分が体感する豊かさも1ミリずつ変わっていく。

 

自分を生かすことが、その人の人生

誰かに自分の人生を明け渡してはいけない。

自分で自分がやりたいことを誠実にやり遂げることで、自分の幸せに気づくチャンスになる。

そのチャンスは誰かが与えてくれるのを待つんじゃなく、自らの手で掴みに行く覚悟が大切になる。

人生の豊かさと幸せは、自分から行動すると必然的に得られる。

何かを得るなら、実際に行動することが肝になる。

その気持ちを継続させることが、自分が本気で求める理想を確実に掴めるようになる。

自分の人生は、自分でしっかりと責任を持ち続ける。

その継続があってこそ、自分が自分として自由に生きられる。

 

まとめ

生きることを躊躇しないで、自分の気持ちに寄り添って今を考えてみる。

今と言う時間は、未来になった時には戻ってこない。

戻らない「今この瞬間」をどのように過ごすかが、自分の生き方を作りあげる。

1秒だってためらっている暇は無い。

やりたいことが1つでもあれば、その1つのために今の自分を全力で生かそう。

 

 

最後までありがとうございます!