MENU

人生を何となくで終わらせない考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200608201001j:plain

人生の明確さが見えない。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

目次

 

自分の自由を思い出す

今まで生きてきて、自分が実感する自由は一体何なのか。

その感覚を自分で思い出すことが、自分本来の生き方を実現させてくれる。

何かに自分の生き方を制限されるより、自分でやりたいことを本気でやり尽くす。

その積み重ねがあってこそ、人は自分としての生き方を本当に実感できるようになっていく。

自分が体感できる生き方は、自分自身で自由に作ってみよう。

自分が生きることを考えれば、何を日常でやっていくかが明確になる。

自身の行動を明確にすることで、人生を有意義に生きられる。

その心がけを継続することが、自分の気持ちをフルに表現することができる。

それは誰かに頼る生き方じゃなく、自分を信じる生き方になっていく。

その積み重ねがあって、自分が心で望む自由さを獲得できるようになる。

 

何かに執着しない

人生を生きる中で、自分が何かに縛られないことが大切になる。

何かに縛られても、それは自分の自由さとは相入れなくなる。

自分でやりたいことを選択し決定する過程を経て、その人らしい人生を築けるようになる。

何かに執着することで、見えるものが簡単に制限されてしまう。

見えるものが制限されてしまえば、目の前のものが人生の全てだと勘違いしてしまう。

人生はある意味で、自分にとって都合が良い思い込みをできるかが勝負となる。

事実は事実として受け止め、自分自身の解釈をいかに柔軟にできるかが大切になる。

 

自分の生き方は自分で想像する

誰かに行き方を指導してもらうより、自分で感じることをストレートに表現しよう。

その表現があって、自分の心を素直に表現することができる。

自分で自分の生き方に誇りを持ち、自分の価値を堂々と信じ抜く。

その積み重ねを1つずつすることで、自分が目指すべき理想を叶えられる。

人人生に絶対的な正解は存在しないからこそ、自分で正解を探す醍醐味がある。

社会の常識に自分を流すことなく、自分がこの世界でやり遂げたいことをまっすぐにやっていこう。

その行為が、自分の幸せを手繰り寄せる。

 

まとめ

自分の生き方をなんとなくで終わらせてはいけない。

この世に生まれたこと自体が、すでに奇跡的なことである。

その奇跡を、自分の感覚で表現していく。

自分の気持ちに嘘をつかないで、素直にやりたいことをやっていこう。

その取り組みがあってこそ、自分の人生に生きがいを実現できる。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる