MENU

相手の気持ちを受け止める考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200609074337j:plain

相手の心を受け止められない。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

目次

 

コミニケーションは相手がいて成り立つ

人と人が意思疎通を図るとき、自分一人だけではコミニケーションが成立しない。

相手がいて初めて、自分の意思をまっすぐに表現することができる。

目の前の相手に思いを言葉に乗せる。

その行為は、相手がいることで初めて行うことができる。

自分だけでコミュニケーションを成立させようと、傲慢に考える必要はない。

その基本的な事実に目を向けることで、自分が相手にできることをじっくりと考えることができる。

コミニケーションができる有り難さを忘れず、感謝の気持ちを言葉に乗せて相手に届けよう。

感謝の気持ちは、相手が幸せになる言葉をそっと伝えていこう。

相手がいることを、当たり前に感じない。

相手に対して感謝し続けることが、双方的な幸せに繋がっていく。

 

自分が話す言葉は丁寧に扱う

相手に言葉を届ける時、自分が話したい言葉だけを話さないようにする。

自分が話したいことを一方的に伝えても、相手は幸せを感じるだろうか。

自分の気持ちを相手が同じように感じているわけじゃなく、違う気持ちを常に持っている。

消極的な言葉を積極的に求める人はいない。

消極的な言葉は、事実としては消極的な言葉である。

相手と自分は全く違うことを、しっかりと理解することが欠かせない。

どういう言葉を相手に届ようとする意識が、相手と自分の幸せを実現させる。

ただ一方通行に相手に言葉を伝えても、相手の気持ちは感動しない。

どういう言葉を発するか。

それを日々丁寧に考えていこう。

 

相手が受け取りたい言葉を考える

コミニケーションをする中で、相手が何を感じたいのか。

そこを明確に考え続けることが、相手に幸せな感情を届けられる。

自分がただ話したいことだけが、相手の気持ちを安心させるとは限らない。

自分が話したい事は、相手が全てを受け入れてくれるわけじゃない。

相手と自分の感覚は常に違うと言うことを、自分の中で明確に理解する。

その感覚を大事にすることで、相手が幸せになる言葉をそっと届けられる。

自分を卑下する言葉を相手に投げかけても、それは一方的なコミニケーションで終わる。

相手を受け止めるには、相手の気持ちに寄り添った言葉を届けよう

 

まとめ

相手の気持ちはわからない。

わからないからこそ、自分が本気で創造することが大切になっていく。

相手の立場をじっくりと考えることで、自分が相手に伝える言葉が変わってくる。

相手を幸せにしたいなら、幸せになれる言葉を選んで発信していこう。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる