MENU

対人関係を喜びに変える【人の輪で生きる】

f:id:mubou_rakuzi:20200808094959j:plain

生きていくなかで、上手くことが進まない対人関係で不安を抱えている。対人関係を疲れることなく、自分の幸せにする考える方を知りたい。 

 

そんな悩みを解決します。

 

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。

人生論を綴るブログ記事を200本ほど書いてきました。

 

それでは、早速ご紹介していきます。

 

今回は対人関係で抱えだちな不安を解消して、コミュニケーションを自分にとって有意義なものにするコツをご紹介します。人付き合いは、自身の意識と受け取り方次第で自由にコントロールできるものです。

 

 

 

目次

  

対人関係の内実

人が生きることは、社会のなかで人と関わっていきていくことを意味します。自分の存在は他者との関わることで、改めて実感できます。その作業を積み重ねることが、社会のなかで人として生きていくこととなります。

現代社会は圧倒的にストレスが蔓延しており、シンプルに生きにくい雰囲気があります。相手の見えない気持ちを疲弊しながら探るより、自分の気持ちを前向きに開示することが大事になります。

 

コミュニケーションの本質

人と人が関わる時は、自分ができることに意識を向けることが大事になります。受け身で話を聞いていても、そこから先の相手との信頼を育てることはできないのです。コミュニケーションで心を消耗させている時は、自分の気持ちを言葉で表現しきれていない瞬間から起きます。そのため、自分の今の感覚を相手に知ってもらおうとする視点がコミュニケーションで大事な部分かもしれません。意思疎通において、受け身の姿勢でいても、相手との信頼関係が成就するわけではありません。

自分から相手に対して、与える意識を持つことが、信頼できるコミュニケーションする上で大事な要素です。

 

何のための意思疎通か

相手に何かをしてもらおうと期待しているだけじゃなく、自分から何ができるのかを考え尽くすことが大事になります。自分のことばかりを考えていても、それは相手の為になるわけではないのです。コミュニケーションを図る際には、お互いに心の内面を表現し続けることが大事になります。どちらかが一方通行の意思疎通をしていては、相互的な関係性を育めなくなります。人と関わる際には、何のためにするのかを自分の中で明らかにすることが必要となります。意義や目的のないコミュニケーションは、やっているだけで時間を消耗するだけ。そのため、相手と自分にとっての幸せを実現させる意識を忘れないようにしよう。

 

人と人が関わる意義

人が人と関わっていく過程で、何のためにやっているのか。その時間を楽しむため、未来に繋げるためなど、コミュニケーションを図る方向性は何だって良いのです。心を疲弊させる意思疎通とは、自分の想い通りに相手のレスポンスを得られない瞬間にあります。そのため、はじめに相手と自分の感覚は違って当然という前提を持つことで、相手に対して過剰に期待しなくて済みます。人と人が関わる意義は、両者の気持ちを擦り減らすことにあるわけじゃない。人が人との接点を持つときは、お互いにとっての幸せになれる感情を実現させることが大事になります。

 

自分が相手に何ができるか

コミュニケーションを図ることで、人と人が気軽に心から触れ合えるシーンを増やすことができるようになり、その積み重ねが自分の人生と相手の価値観を育ててくれます。ただ片方だけの発信を繰り返していれば、いずれ壁にぶち当たることになります。それは、お互いの価値観のズレに意識が向いてしまうこと。人間の価値観には絶対的な基準はなくて、どれが正解というわけじゃない。相手と自分の感覚は違うということを、自分自身で理解することが大事になります。感覚が違うからこそ、その人の気持ちに興味や関心を抱けるようになり、そこからコミュニケーションの輪が広がっていきます。自分が相手に何ができるのか、相手の立場で考えることで、コミュニケーションは幸せを呼び寄せるツールとなります。

 

客観的な視点を忘れない

自分が相手にできることを考えることで、お互いのことを深く知れるチャンスとなっていきます。自分が目の前の人に向けてできること、それを難しく考えず、相手の気持ちを想像することが大事になります。自分のことを考えていても、得られる発想は自分のことだけに終始します。そのため、自分の心だけじゃなく、相手の心を借りて想像力を膨らませていく努力が大事となります。人のことを完全には理解できないが、相手の気持ちを優しくイメージすることは誰にでもできます。

 

自分ができることに意識を向ける

人に対して冷静で俯瞰した視点を持つことで、自分ができることが見えてきます。人とのコミュニケーションで疲弊して消耗する時には、自分のことだけで手一杯になっている状況がほとんど。目先の状況だけに飲み込まれていれば、相手のことを想像する余力すら生まれない。人と関わるために、自分の普段の心身を整えておくことが大事になります。相手のことを考えられる状態は、自分の気持ちに心地よい余白があるとき。その余白を自分で大切にすることで、対人関係を幸せな時間にできるようになりましす。

 

まとめ:対人関係で悩んでばかりじゃなく、自分の幸せのためにコミュニケーションを楽しもう

人と関わることは、お互いの価値観の相違を受け止めることが必要です。この世界を生きている人は、個別で感じる価値観のカタチを大事にしています。その事実に目を向けることが、幸せなコミュニケーションを実現させる一歩になります。

 

最後までありがとうございます!

 

神トーーク 「伝え方しだい」で人生は思い通り

新品価格
¥1,512から
(2020/8/8 09:51時点)

 

 

 

 

 

 

 

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる