MENU

生きて行く道をハッキリする考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200503181624j:plain

 

自分としての自分。

その自分がどんな生き方をしているか、それを把握する。

生き方を掴むことで、今からやるべき行動が見えてくる。

生きる中で、自分が納得する瞬間を手にできる。

納得する生きる道を見つける方法を書いてみた。

 

 

 目次

 

自分が生きている時間を振り返る

f:id:mubou_rakuzi:20200503181617j:plain

今を生きている状況で、何を体感して経験とするか。

それは自分で自由にできる。

自由に自分で行動できることは、誰かの生き方をそのまま踏襲するわけじゃない。

他者の立場で考え過ぎると、何が自分にとって必要なことかが見えなくなる。

今までの人生を振り返り、自分としての価値観を見直して見る。

見直した経験としての価値観。

それを自分で学ぶことが、自分としての存在と価値を知るきっかけになる。

気づきのきっかけを知ることが、自分としての内省を深められるようになる。

 

人生の積み上げを想像する

f:id:mubou_rakuzi:20200503181612j:plain

過去の自分がいることで、未来に向けた行動を信念をぶれないで築ける。

今までの自分を知ることで、何を今後集中的に行動すれば良いか。

それが目の前に見えてくる瞬間がやってくる。

誰かが決めた理想じゃなく、本来の自分としての生き方を実現できるようになる。

理想があれば、夢を見ているだけじゃつまらない。

人の生き方は多様性がある。

だからこそ、多様な生き方がこの世に存在している。

多様な生き方がある中で、自分がどうなりたいかを知る。

自身の心と向き合い続けることで、未来に自分を具体的に思い描ける。

今の行動を積み上げた先に、理想とする自分が待っていてくれる。

 

生きる道は自分で決められる

f:id:mubou_rakuzi:20200503181608j:plain

日常をただ生きることは、ボンヤリと何も考えないで過ごすこと意味する。

現状に満足して納得しているなら、そこから這い上がる姿勢を示さなくて良い。

今に最高の幸せを感じているなら、特別な行動を取る必要はない。

行動しないと、何も今はもちろん未来も変化しない。

変化させることは、自分が歩む道を決めること。

変化をどう受け止めるか。それで将来の生き方を大きく変えることになる。

未来に繋がる道を歩むのは、他者じゃなく自分自身。

誰かに指図を受けるより、自分で選んだ選択に心から納得感を得られるようになる。

自分が歩むなら、楽しく生きがいを感じられる進み方を大切にしたい。

それを自分の心で確認することで、他者に責任を押し付ける生き方をしなくなる。

責任を他者に押し付けても、何も始まることはない。

むしろ、自身における行動のあり方を逆に複雑にしてしまう。

複雑より、シンプルに。

 

まとめ

どう生きるか。

多様な情報に流されがちな現代人が考えるべきテーマになっている。

それを明確にすることで、今とこれからの人生を心から誇れる。

誇れるものがあれば、自信になって行く。

その自信が、未来の自分を見失わなくなる。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる