MENU

人間関係で楽になる考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200516085808j:plain

 

 

目次

 

何を楽しみに生きるか

f:id:mubou_rakuzi:20200516085816j:plain

人の生きる道には、何も壮大なことを求める必要はない。

自分で感じることを、素直に表現していけたらそれで良い。

人生に必ずの正解は存在しない。

自分自身でやりたいかとを、自分の心に向き合って考えていくことが大切。

人間関係を心配になる理由は何か。

それを自分の意思で明確に考えていくことが、人間関係を楽しむ瞬間に変換できる。

自分の生き方をコントロールできるのは、誰でもなく自身の心となる。

人間関係で心配になるより、相手の心をじっくりと噛み締めることが大切になっていく。

 

人に何かを期待しているか

f:id:mubou_rakuzi:20200516085811j:plain

自分が生きていく上で、人に何かを期待する姿勢を持つ。

その姿勢を取ることで、得られる実感が大きく変化していく。

実感のカタチを自分で確かめる過程で、自分としての心を明らかに見ることができる。

自身の心を知ることは、自分が何をやりたいかを知ることに繋がっていく。

その繋がりを意識する中で、自分の可能性を十分に発揮できるようになる。

人に期待するよりも、まずは自分で自分に期待する。

その心がけでこそ、人間関係で不安になる心配も無くなる。

人間関係で悩むために生きているんじゃない。

自分で自分の幸福を掴むために、今を生きている。

その継続が、自分としての可能性を発展させられる。

 

人間関係は自分にとって何を表すか

f:id:mubou_rakuzi:20200516085803j:plain

自分にとっての人間関係は一体何か。

それを知ることで、自分ができることを明らかにできる。

自分が生きる目標が明確に決まっていれば、途中で路頭に迷うことは無くなる。

迷いを自分で感じることなく、自分でまっすぐに生きていく。

その繰り返しでこそ、自分としての可能性を存分に表現できる。

自身の可能性に気付くことで、余計なことに心を振り回されることが無くなる。

人生はシンプルに生きてこそ、自分の生き方を構築できる。

自分としての生き方を素直に見つめる過程で、自分にとって本気で大事なものだけを生活に取り入れられるようになる。

人生で何を大切に生きていくか。

それが維新が持つ人間関係を見つめ直すキッカケになる。

 

まとめ

自分の人生を生きること。

それを自分で知ることで、自由に自分らしさ表現できる。

生きると言う表現の幅は、自分自身でコントロールすることを明確にすることが大切。

人間関係を自分でどう捉えるか。

人間として何を重要視するかで、人間関係を楽に生きられる。

見えない関係性に執着するより、もっと自由な自分を見つめよう。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる