MENU

時間は有限であると気づける考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200516092954j:plain

 

 

目次

 

時間の概念を知っていく

f:id:mubou_rakuzi:20200516092949j:plain

自分が今を生きていく中で、何を土台にして生きているか。

人生の土台は間違いなく時間の上に成り立つ。

時間の感覚を明確に捉え直すことで、自分の人生を明確にできる。

時間の概念を知ることで、自分の人生を見つめ直すことに繋がっていく。

自分と時間の繋がりを意識することで、得られる実感が必ずある。

そこに気がつけるかどうかで、今の自分を主体的に生きられるようになる。

主体的に生きることが、自分らしい生き方を再現させる。

自分が生きる中で、時間の感覚を自分で見出す。

それが幸せに生きる最大の方法となっていく。

 

自身にとっての時間の価値を知る

f:id:mubou_rakuzi:20200516092945j:plain

時間の価値を自分の心で考えてみる。

心で感じる中で、時間がある自分の人生の輪郭を明確に知れる。

何を明確に感じるかで、自分の生き方に誠実になれる。

自分がやりやいことを中心に、人生の時間を使っていく。

やりたくないことを考えるより、やりたいことを決めることでシンプルに充実感を得られる。

何をやりたいかを自分との対話で見出していく。

その過程を自分で体験することで、時間との向き合い方を改めて考えられる。

時間との向き合い方を変えることは、自分の生き方に納得感を心から感じられるようになる。

自分にとって時間の価値は何かを問い続けよう。

 

自分が生きる時間を体感する

f:id:mubou_rakuzi:20200516092941j:plain

自分が生きる中で、何をしたいか。

人生を生きていくことは、自分を自分として生かすことになる。

生きていくことで、得られる感覚が必ずある。

自分としての感覚を研ぎ澄ませていく。

その感覚を自分で気づけるようになれば、やりたいことを明確に知れるようになる。

自身が生きる時間を体感することで、豊かな生き方を送れるようになる。

その感覚を自分で確かめることは、豊かに生きるためにキッカケになっていく。

キッカケを知ることで、自分としての存在を明らかにできるようになる。

明らかになった生き方は、自分が生きる時間の有り難さを感じられる。

 

まとめ

時間の存在は有限であり、永遠の時間はない。

限られた人生の中で、本気でやりたいことだけに集中する生き方。

それを自分で意識することは、自分としての感覚に発見できるようになる。

その感性に自ら気づければ、生きることがもっとワクワクしていく。

ワクワクすることを連続させることで、生きることに誇りを持てるようになっていく。

自分としての生を自身で確認する。

その瞬間にこそ、時間は有限であると知れる。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる