MENU

夢を抱き続ける考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200630212756j:plain

何も希望となる夢を抱けない。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

 

目次

  1. 夢は自分の幸福を運ぶ
  2. 目的意識が人生を充実させる
  3. 希望は夢から生まれる

 

夢は自分の幸福を運ぶ

自分が叶えたい夢は、自分の幸せをまっすぐに表現させてくれる。

現代社会のしがらみに困惑し続け、自分がやりたいことを制限し続ける日常。

本当に望む生き方は、自分自身で掴み取るものである。

誰かに期待し続けていても、それは結局は依存というカタチで終わる。

他者に依存しっぱなしでは、本来の自分の姿と心を確かめられなくなる。

その時間軸には、自分の幸福なる心は手に入れる事ができない。

自分の心が満たされる考え方と工夫は、考えられる数だけ可能性に溢れる。

その可能性は、未来の自分に対する夢に含まれるものである。

自分の夢を意識することで、日々の時間の過ごし方を丁寧に送れる。

夢のカタチは人それぞれであるから、自分が導き出した夢に誇りを持とう。

 

目的意識が人生を充実させる

自分がどこに向かって行動していくのか、その道筋を明確に示すことで、自分の人生に納得感を感じられる。

どこに向かうか分からない状態なら、日常の行動一つ一つに自信を持てずに終わってしまう。

自分が進むべき方向性があれば、それをクリアしていくことに素直な喜びを感じられる。

何を果たすか、そこをハッキリとする過程に、自分が生きていく確証を得られる。

そのように、自分の中で納得感を積み上げる事にこそ、人生の幸せが宿る。

社会の一般論だけを考えず、自分が熱く挑戦したい夢を見出していく。

その取り組みが、自分の日常に幸せな心をもたらしてくれる。

 

希望は夢から生まれる

普段の生活から、自分が最高に幸せだと感じる瞬間はどのくらいあるのか。

その幸せさは、自分が抱える夢の大きさにかかってくる。

どういった生き方が正解と言うわけじゃ無いが、夢があることで今の自分を幸せにさせてくれる。

夢がある事は、自分自身を信じることにつながっていく。

自分を信じられれば、自分が目指したい生き方が見えてくる。

自分の生き方に幸せを感じられれば、それは自分の歩みを照らす希望になる。

人生でどういった歩み方をしても、その人にとっては正しい感覚になる。

自分だけの夢を持つことで、日常に希望という光が降り注ぐ。

 

まとめ

自分の夢を忘れなければ、それは必ず自分の人生に前向きさを与えてくれる。

夢という目的を明確に抱くことで、自分が感じられる世界観も広げられる。

夢を持つことで、自分の人生に誇りを持って生きられる。

どういった夢であっても、それはその人の望みに変わりは無い。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる