MENU

自分がやりたいことを知る考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200616160905j:plain

人生でやりたいことが分からない。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

 

 目次

  1. 自分の心の声を聞く
  2. 誰かの人生に依存しない
  3. 信じることを貫く

 

自分の心の声を聞く

人の衣装は長くも短い。

その限られた時間の中で、自分が本気で何をしたいのか。

その問いかけを自分自身にし続けることが、自分が求める世界を実現させる。

現実の世界は、誰かが勝手に導いてくれるわけじゃない。

その感覚を、自分で信じ抜く勇気が求められる。

勇気を持つにあたっては、人生を賭けた勇気じゃなくても良い。

まず小さな勇気を持ち続けることが、最終的に偉大なる勇気につながっていく。

その感覚を教えることが、自分の胸の中から響く声に気がつけるようになる。

自分が発信している声に耳を澄ませてみる。

普段の生活をなんとなく生きないで、自分が発する心のメッセージを丁寧に聞き取ろう。

 

誰かの人生に依存しない

自分の人生は自分のものである。

何かにとらわれていても、そこからの前進はありえない。

信じることがあれば、それだけを信じて突き進んでいく。

誰かの人生を肩代わりして生きる必要は無い。

自分が自分として生きるには、自分の能動的な行動を信じていこう。

誰かが自分の人生の責任を負ってくれるわけじゃない。

自分の人生は自分自身で、自由自在に作り上げられる。

誰かに助けてもらうより、自分から自分を救っていく勇気が大切となる。

その感覚を忘れないで、日常から一緒に心を愛していこう。

誰かの生き方に支配されずに、自分が求める理想の世界を見つけ出そう。

  

信じることを貫く

誰かに何かを指摘されても、それはあくまで他者の視点である。

世の中にも絶対的な価値観は存在しないから、他者の意見は他者の言葉として受け止めよう。

批判するのはさておき、まずは相手の気持ちを知ることが大切。

批判や拒絶の精神では、大切なことを何も得ることはできない。

自分がやりたくないことに時間を費やすより、自分が求めることに限られた時間を使っていこう。

その継続があってこそ、自分が信じる道を一歩ずつ歩んでいける。

誰かに信じてもらえないと自信が持てないじゃなく、自分で自分を信じていく。

その心が、自分を信じて勇気づける最初のスタートとなる。

 

まとめ

自分がやりたい事は、いつでも自分の心が知っている。

自分の心と対話を重ねることで、その問いに対する答えが見えてくる。

その答えは、自分でいつでも知ることができる。

自分自身が望む幸福があれば、それを想像し続ける。

その積み重ねが、最後には実際に幸せな形として実感することができる。

自分がやりたいことは、自分で創造できる。

 

 

最後までありがとうございます!