MENU

変わる時代を自分らしく生きていく 【自身の内面と向き合う】

f:id:mubou_rakuzi:20201002090144j:plain

時代が変わるなかで、自分がどんなことを信じて行動していけば良いか。その具体的な考え方を知りたい。  




そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・自分が求める生き方を知る
・時代に流されない




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、変わる時代を自分らしく生きていく考え方をご紹介します。


時代が敏感に変わるなかで、自分としての存在を忘れがちになる人が多くいます。


どんな人生の道を選ぶにしても、最終的に自分自身で選ぶことが大事になります。


周囲の環境がいくら変わっても、あなたという存在は生涯が終わるまで変わることはありせん。


この記事を読むことで、自分らしく生きる考え方を身につけることができます。  




それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote



目次



自分として生きる


いつの時代になっても、永遠に続くひとつの時代は存在しません。


時間の流れがある以上、今ある状況はいつか必ず変化が訪れるものです。


その変化のなかで自分として生きることができれば、悩むことなく、自分らしく生きていけます。  



あわせて読みたいnote



自分が求める生き方を知る


変化の著しい世の中で、自分がどんな生き方を求めたいのか。


自分がどう生きていくかは、自分に対する対話によって次第に明らかになっていきます。


自分が求める生き方を知るコツは、下記の3つです。


自分が求める生き方を知るコツ3つ
①孤独の時間を作る
②自らに問いかける
③人に依存しない




1つずつ解説します。



孤独の時間を作る


周囲の人といつでも一緒に過ごしていれば、自分の考えが薄くなってしまいます。


人は身を置く環境によって、自分の生き方が変化していくものです。


環境に左右されることなく、自分一人で考える時間を作ることで、自らの考え方を深めることができるようになります。




一人で考える時間を確保することで、自分の生き方についてじっくり考えるきっかけを生み出せます。


誰かと群れていれば、そこで自分の思考の範囲が極端に狭くなってしまいます。


そのため、自分がどう生きたいかを自問し続けることが、自身の生き方を実現させます。  




自らに問いかける


自分がどう生きたいかを知ることは、今の行動を決定する原点となります。 


どう行動したいくかは、自分の思考によって変わるものです。


自らの思考を深めることが、自分としての生き方を鮮明にするきっかけとなります。   




どうやって生きていくかの方向性が決まっていないと、自分の行動と思考を整理できなくなります。


そのため、じっくり自身の心に問いかけることで、これからの生き方を自問していきましょう。  




人に依存しない


自分がどうやって生きていくかは、自身の感覚によって委ねられています。


人に生き方を丸投げしても、それはそのまま自分に跳ね返ってきます。  




人生の責任を誰かに丸投げしても、自分の生き方が劇的に改善されることはありません。


他者に責任を転嫁した時点で、自分ができることが制限されます。


誰かに依存することなく、自分が本気でやりたいことに時間を投資する意識を持つことで、自分らしさを実感できるようになります。  



あわせて読みたいnote



時代に流されない


自分として生きることは、今ある状況に振り回されることではありません。


自分が本気でやりたいことに対して、真摯に向き合い続ける気概を抱くことが、変化の激しい時代を生きるコツです。


時代に流されない考え方は、下記の3つです。


時代に流されない考え方3つ
①自分に必要な情報を整理する
②不要な情報を遮断する
③自分がやりたいことを信じる




1つずつご説明します。



自分に必要な情報を整理する


時代が変わっても、自分の存在は変わることはありません。


自分が生きていく道を知ることは、そのまま自分の生きがいにつながっていきます。


生きる道を知ることは、自分にとって必要な情報を厳選する必要があります。 




人生の時間はあっという間に過ぎてしまうので、本当に大事なことに時間を使っていく意識が必要です。


どんな情報を選ぶことで、自分の生き方を変えることができるのか。


その感覚を自分のなかで鮮明にしていくことが大事になります。  




不要な情報を遮断する


人生の時間は有限であり、永遠に続く時間は存在しません。


人は生き続けていると、それがいずれ当たり前の感覚になってしまいます。 




当たり前と錯覚してしまうことで、自分にとって必要な情報の選別を効果的に行うことができなくなります。


世の中の情報を闇雲に取り入れるより、自分の感覚で信じる基準に沿った情報に意図的に触れる意識が大事になります。


人が関われる情報の最大量は無限ではないので、あなたにとって本気で必要になる情報と向き合うことを意識していきましょう。 




自分がやりたいことを信じる


自分らしく生きるために、どんなことを自分で信じていくか。


その問いかけを自分に対して続けることで、人生の方向性を明確に理解できるようになります。


自らに対する問いを深めることで、自分が信じる生き方を見つめることができます。


他者からの意見に流されていても、それがあなたにとっての幸せにはつながらない。 




人と自分がやりたいことを線引きすることで、自分が歩みたい人生を掴めるようになります。


その感覚を忘れないことが、変わりゆく人生を豊かに生きることになります。



あわせて読みたいnote

まとめ:自分らしく生きていく考え方を知ることで、これからの人生を歩んでいこう




今回は、自分らしく生きる考え方をご紹介しました。


人が感じている価値観は異なり、どれが絶対的な基準である確証はありません。


そのため、自分が本当に信じたいことを実行することで、どんな時代に遭遇しても豊かに生きることができます。


他者や環境に依存しないで、自分が信じる心を大事にすることが重要です。 




今回は以上です。

//目次に表示非表示ボタンを表示させる