MENU

人生の時間は有限だと知る考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200507155122j:plain

 

 

目次

 

時間の捉え方を知る

f:id:mubou_rakuzi:20200507155131j:plain

生活を営む中で、何を大切にしたいか。

自分が行動したいことを知ることで、時間の存在を初めて知れる。

時間があることで、人生を歩んでいける。

だからこそ、自分が持つ時間の定義を見直すことが非常に大切になってくる。

大切に時間を過ごせれば、自分がやりたいことを純粋にやれる。

時間がないと心に余裕がなくなり、何もしないで時間が過ぎてしまうことがある。

心のゆとりを作るためにも、自分が有する時間の大切さを実感することが求められる。

ただ何となくその時間を過ごしても、得られることは何となくでしかない。

明確な意識を持ってこそ、時間の価値を最大化できる。

日常の一部である時間を振り返ることで、生きる価値観を見直せる。

 

時間は人生を意味する

f:id:mubou_rakuzi:20200507155134j:plain

人生はその人がやりたいことを自由にできる。

その自由な心身を持って、自分の時間の価値を確認できるようになる。

価値を確認することで、自分の生きがいを明らかに設定できるようになる。

それと同時に、生きがいに必要な時間を確保しようとする工夫が大切。

自分が好きなことに没頭できる時間を作り出すことで、自分にとって豊かな生き方を実現できる。

その生き方を自分で掴むために、時間との向き合い方を改めていくことが必要となる。

生きることは、時間を過ごすこと。

時間がなければ、人生を過ごすことは許されない。

自己実現を成すための時間。

そこと浮き合うことを大切にしていきたい。

 

経験を支えるのは時間の存在

f:id:mubou_rakuzi:20200507155125j:plain

時間の使い方を見直すことで、自分の生き方を明らかにできる。

一日の中で忙しくしていると、自分が何をやれば良いのかが理解できなくなる。

自分の生き様を確認するために、自分が過ごす時間を細分化させて考えてみることが大切。

時間を細分化することで、自分がやりたいことも細分化して考えられる。

その思考をすることで、やりたいことは無限にできないことに気づける。

時間に自分が好きなことを当てはめる過程で、時間の存在は有限であると気づける。

有限とされる時間の中で、自分は一体何ができるか。

そこを自分自身と深いレベルで対話することが大切となる。

 

まとめ

人生を生きる中で、時間は永遠じゃないことを理解したい。

時間の原点を理解することで、得られる感覚が必ずある。

疑問に感じて考えること。

その積み重ねで、時間は有限であることを初めて知れるようになる。

永遠じゃないい自分の命をどう輝かせるか。

輝かせ方は人それぞれ。

自分が信じる時間の使い方を堅実に実行していきたい。

 

 

最後までありがとうございます!