MENU

人生における生きがいを見つける考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200507151027j:plain

 

 

目次

 

自分にとっての生きがいとは

f:id:mubou_rakuzi:20200507151032j:plain

人は生きていく中で、多様な生き方を見出す。

自分なりの生きがいを見つけることで、自身の幸せを獲得できる。

生きる中で、各自でテーマを持って生きるもの。

他者に人生の生き方を教えてもらわず、自分で見つけることが大切。

生きがいがあれば、いつ人生が終わっても良い納得感に満たされる。

そのような充実感を得るには、自分で自分の道を選ぶ必要がある。

世間の情報や偏見に流されず、自分で歩きたい道を明確に進んでいく勇気。

その勇気は、いつだって自分の心が知っている。

 

生きがいがないとどうなるか

f:id:mubou_rakuzi:20200507151022j:plain

自分の心に生きがいがなければ、一体どうなるか。

その状況を想像してみることで、自分と生きがいの関係性を深く考察できる。

自分が純粋にやりたいことに集中することで、世間の圧力に屈さない自由さを獲得できる。

その自由さこそ、自分自身の生きがい。

自由に生き方を選べる自由さ。

それが人間が人間としての心を持って生きられる。

その感覚を自分で確認することで、他者の人生を生きない自分の生きがいを見出せる。

ずっとやっていても飽きがこない行動、それが自分の人生に彩りを与えてくれる。

 

自分が本気になれることは何か

f:id:mubou_rakuzi:20200507151018j:plain

今の自分が心から納得できる生き方。

それは自分の内面が熟知している。

自問自答の時間を取ることで、今後の自分の生き方が明らかになる。

自問する時間が取れないと、ただ瞑想するだけで時間が過ぎる。

生きる上で貴重な存在である時間を大切にしながら、本気で生きる。

自分の心が燃えるように熱中できる生き方を、自分で選択する勇気が大切になってくる。

社会の常識に左右されないで、自分が感じたことを素直にやりきる。

その繰り返しでこそ、自分自身の生き方と出会えるようになる。

本気で生きることで、自分なりの生きがいを発見できる。

今の人生は、自分で想像して創造してきたもの。

自分が考えることは、現実の世界で必ず花開く。

 

まとめ

生きがいを見出すにあたって、自分の心と正面から向き合うことが重要になる。

向き合うことを続けることで、ずっと求めていた自分の感覚を学べる。

自分自身の感覚をリアルに体感できれば、余計なことに心を悩ませることはなくなる。

自分の人生は自分で決める。

その覚悟が心の底から湧き上がってくる瞬間がやってくる。

自分が豊かになるため、常に自身の生きがいとは何かを真剣に問いていきたい。

今の自分を俯瞰して眺めることで、本当の生きがいを見出せるようになる。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる