MENU

時間の体感を考えてみる【人生の幸せを実感する】

f:id:mubou_rakuzi:20200825205206j:plain

日常を生きていると、時間がいつの間にか過ぎてしまっている。自分が自由に使える時間を見直すことで、より充実した人生を過ごせるようにしたい。

 

そんな悩みを解決します。

 

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。

人生論を綴るブログ記事を200本ほど書いてきました。

 

今回は時間の体感を考えてみます。

 

日常を生きていると、時間との関わり方を考えざるを得ない状況です。

 

自分が今を生きられるのは、時間あるの存在があるからです。

 

その時間をどのように過ごすかは、日頃から時間に対する意識を高めておく必要があります。

 

それでは、早速ご紹介していきます。

 

 

目次

  

あなたが考える時間の価値

 

時間の価値は、過ぎ去った瞬間は二度と戻らないことにあり、修復できないことにあります。

 

人生はいつか必ず終わりを迎えるので、その限られた時間をいかにして生きていくかを真剣に考えていく必要があります。

 

時間の価値を自分自身で考えることで、どのように時間を感じていくかを明確にイメージできるようになります。

 

時間に対する勉強は学校教育では教えてもらえないので、自らが学ぶ姿勢を持っておくことが大事になります。

時間は人生そのもの

 

時間に対する考え方を見直すことで、自分が意識するポイントを具体的に把握できるようになります。

 

そのポイントを自分で発見することで、どのように人生を切り拓いていくかが、自分のなかで具体化されていきます。

 

自分がやりたいことに時間を投資して、自らが納得できる経験を主体的にやっていくのか。

 

それは自分が使える時間とじっくり向き合い、人生の進み方を自分で模索していくことで現実のものにできます。

 

時間は人生の質をそのまま反映しているので、日々の時間をどのように過ごしていくかを考えることは、豊かな人生を体感する為に必須です。

 

時間の過ごし方は人がそれぞれ

 

人生の内容は、時間の過ごし方に影響を直接的に影響を受けます。

 

人生を過ごすなかで、絶対的な基準は存在していないので、自分の感覚が正直に欲する時間の使い方を選択していくことが大事になります。

 

時間の使い方は、その人の価値観に委ねられるものであり、それは人それぞれで自由に選び取ることができます。

 

そのため、自分の考える時間の価値観を他者に押し付けることは、不毛の極みになります。

 

価値観の相違を論争することなく、自分が信じる時間の使い方を実践していきましょう。

 

過去は戻らない

 

時間の使い方はその人の個性が現れるものではあり、それがその人にとっての人生になっていきます。

 

どのように時間を使っていくのか、そこを深く意識することで、自分の人生をより豊かにするチャンスに出会えるようになります。

 

そのチャンスは、自分の行動によって生まれていくものであり、行動は時間があってこそ生み出せる産物であります。

 

昨日の時間を取り戻すことは、人間にとって不可能な技です。

 

そのため戻らない時間を後悔してるいても、その状況が劇的に改善されることはあり得ません。

 

戻らない時間に対して、自分がどのような価値を見出していくが、人生の体感を幸せにしてくれます。

何をやりたいか

 

自分が使える時間をどのように活用していくかは、自らの意志で自由自在に決定できます。

 

その際に、誰かのせいにしてばかりでは、人生を前に進めることができなくなります。

 

自分が何をやるかによって、時間がどれくらい自分でコントロールできれば良いのかを積極的に思索する瞬間を持つことが大事になります。

 

自分の本心から選ぶことは、他人に責任を押し付けないで、自分ができることを最後まで貫徹させる気概を意味します。

 

その気概を自ら自分に示していくことが、時間の価値に真に向き合う瞬間になります。

 

どんな人生を歩みたいか

 

限られた時間のなかで、自分の心が求めることを純粋に挑戦していく積み上げが、自分の理想的な時間の使い方になっていきます。

 

人生の歩み方は、他者の生き方を模倣しないで、既存のレールを破壊していくものです。

 

それを可能にするのが、人生における時間の過ごし方にあります。

 

時間を過ごすなかで自分が納得する瞬間を積み重ねると、時間の体感レベルは高いものになります。

 

不安を抱えながら時間を過ごしても、それは苦痛の時間でしかないのです。

 

そのため、自分の心が納得できないことに貴重な時間にを割いている場合ではないのです。

 

自らの意思で時間をコントロールできる

 

自分が生きていく人生のなかで、自分がどんな道を歩んでいきたいのか。

 

そこを明確にしておくことが自分らしく生きていく原点になっていきます。

 

時間をどのように過ごしていくかは、誰かに言われたから意識するものじゃなく、自分から主体的に選択していく勇気を抱き続けることが大事なテーマになっていきます。

 

自分が過ごす時間は、自分の価値観で自由にコントロールすることができるため、自分がどんな考え方を持っているかを確かめる時間を作るのことは必要です。

まとめ:時間の体感を感じることで、自分が目指す理想の人生を歩んでいこう

 

今回は時間の体感を感じる考え方をご紹介しました。

 

時間とどのように付き合っていくかは、自分の価値観をじっくり向き合うことで得られるものです。

 

普段の生活から自分が時間をどのように捉えているかを、今一度、確かめる努力が大切になります。

 

最後までありがとうございます!

フルライフ 今日の仕事と10年先の目標と100年の人生をつなぐ時間戦略 (NewsPicksパブリッシング)

新品価格
¥1,500から
(2020/8/25 20:58時点)

時間革命 1秒もムダに生きるな

価格:1,430円
(2020/8/25 21:00時点)
感想(0件)

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる