MENU

これからの人生の歩み方 【激動の時代を生きる】

f:id:mubou_rakuzi:20200926155049j:plain

時代が変わっていくなかて、人生の歩み方が見えてこない。時代の動きに流されない自分の人生を大事にする考え方を知りたい。




そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・これからの人生の歩み方
・自分の人生をイメージする




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、これからの人生の歩み方をご紹介します。


人は自分がどう生きるかを、日々模索しています。


世の中には絶対的な正解が存在していないので、自分で選びたい道を選択していけば良いのです。


物事を深く考えないで、シンプルに自分の直感を信じる勇気を持つことが大事になります。 




それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote



目次




人が生きること


人が生きることは、自分自身で自由に生き方を選択できることを意味します。


時代が激変しても、その人として生きたい人生を信じ抜くことが大事になります。

あわせて読みたいnote [



これからの人生の歩み方


高度な技術が盛んに登場することで、私たちの生活は一気に変化しました。


急激な変化が訪れるなかでも、自分がどう生きたいのかを明確に知っておく必要があります。


どの状況に遭遇しても、人生の歩み方はその人自身で自信を持つことが大事になります。


自信を持つ人生の歩み方は、下記の3つです。


自信を持つ人生の歩み方3つ
①自分がやりたいことを知る
②時代のせいにしない
③自分の心で決める




1つずつご説明します。



自分がやりたいことを知る


他者からあれこれ言われたことをやっていても、それだけでは幸せにはなれません。


人は自分の心を素直に表現することで、自分が歩みたい人生を送れるようになります。




自分の意思じゃないことを信じようとしても、それだけで心にかかる負担は大きくなります。


過度な心的負担を強いられないために、自分が信じる基準を明確に持つことが大事になります。


自分の心を振り返り、本当にやりたいことを厳選しておくことで、やりたくないことを捨てる勇気を持てるようになります。




時代のせいにしない


これからの人生を歩んでいくなかで、自分ができることに集中していくことが大事になります。


自分の状態を外的な要因に責任を転嫁していれば、自分の人生を進めなくなります。   




自分で選択するという気持ちを持つことで、自身の生き方に自信を持てるようになります。


その積み重ねをすることで、人生の責任を自分で背負って向き合う覚悟を育めるようになっていきます。


周囲の責任を投げることなく、自分の人生を生きることに意識を向けていきましょう。  




自分の心で決める


自分が生きる道は、自身で進んでいく道を主体的に選ぶことです。


どんな生き方を選んでいくかは、あなた自身の感覚に委ねられており、絶対的な正解はありません。


正解がない中で自分が選択することは、その時点であなたにとっての正解になります。  




人と自分を比較しないで、自分の心と本気になって向き合うことが大事となります。


現代社会は自分から行動する基盤は揃っているので、自分から動き出す勇気を持つことが必要です。



あわせて読みたいnote [



自分の人生をイメージする


どんな生き方を実現させていくかは、自分の心が知っています。


人から言われたことをやるより、自分から率先して選ぶことが大事です。


人はイメージしたことを現実のなかで表現しようとするので、明確に想像を働かせる必要があります。


これからの人生をイメージする考え方は、下記の3つです。


人生をイメージする考え方3つ
①自分の理想を思い描く 
②他者の常識が全てじゃない
③自分の心を信じる




1つずつ解説します。



自分の理想を思い描く


これからの人生を歩んでいくなかで、自分がどんな生き方を実現させたいのか。


そこを自分の感覚で向き合うことで、これからの生き方を理想通りに実現できるようになります。




人それぞれに感覚があり、それが人生の全てではなくなります。


自分がなりたい夢を持つことで、自分の生き方を自由にさせることが可能となり、今からの行動に責任を持てるようになっていきます。  




他者の常識が全てじゃない

自分が生きることは、自分の生き方を信じることを意味します。
どの生き方をしようとも、それはあなた自身の生きる希望となります。


周囲の常識に振り回されることなく、自らの意思を大事にして、今とこれからの自分の心を信じてみましょう。




自分が生きたい道があるなら、そこから自分の人生を謳歌するきっかけとなります。


社会の固定化された常識に翻弄されず、いま自分がやることに時間を最大限に投資していこう。


大多数の平均値の考え方を採用するより、自分が決断した選択こそ、あなたの未来を幸せにしてくれます。




自分の心を信じる


自らの生き様を考えるときに、自分ができることをじっくりと考えてみる必要があります。


考える際には、自分の心と真っ直ぐに向き合う時間を作ることが欠かせません。


孤独に自分の内面と向き合うことで、自分が本当にやりたいことを鮮明に発見できるようになります。  




周囲の環境に左右されてばかりでは、自分本来歩みたい人生を棒に振ることになりかねません。


外的な要因に責任を転嫁することなく、自分が信じる心に素直になることが大事になります。 



あわせて読みたいnote



まとめ:これからの人生の歩み方を身につけて、納得した人生を送っていこう


今回は、人生の歩み方を身につける考え方をご紹介しました。


人が歩みたい人生のカタチには、絶対のせいかいはないので、自分の直感を信じて今日の人生を歩んでいく覚悟を持つことが必要になります。


無理やりに自分の価値観を他者や社会に合わせることなく、自分が選びたい方向をじっくりと見極めていく姿勢が大事です。


自分次第で、あなたの人生の歩み方を自由に決めることができるのです。




今回は以上です。



//目次に表示非表示ボタンを表示させる