MENU

人生の断捨離を楽しむ 【人生の本質を知る】

f:id:mubou_rakuzi:20200924202307j:plain

現代社会を生きていくなかで、自分が何を信じれば良いのかが見えてこない。自分にとって本当に必要なことを見極めるコツを知りたい。




そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・自分にとっての本質を知る
・悩むものを手放す




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、人生の断捨離の楽しみ方をご紹介します。


世の中は情報が飽和状態にあり、自分が選ぶべき情報を選択しにくい状況があります。


溢れる情報の波に翻弄され続けていれば、自分が本当に大事にしたいことに気が付けないで人生が終わってしまいます。


冷静になって自身の心に問いかける時間を設けることで、これからの人生の歩み方を落ち着いて考えることができます。




それでは、早速ご紹介していきます。



あわせて読みたいnote

目次



本当に必要なこと


自分が生きている人生で、なくてはならない存在を知ることは大事なことです。


自分にとって無関係なことに心を消耗させてばかりでは、本当の意味で人生の時間を無為なものにしてしまいます。


どんなことを心から大事にしたいのか、その問いかけを深めることで、本当に生きたい自分の理想を手にできます。



あわせて読みたいnote [



自分にとっての本質を知る


現代はインターネットの発達によって、世界中の情報に瞬時にアクセスできるようになりました。


その状況において、人々は情報の圧力に無意識のうちに支配されるようになり、情報に人生をとって代わられている現状があります。


自分の人生を生きるうえで、人生の優先順位を明確に持つことが大事になります。


人生の本質を知る考え方は、下記の3つです。


大事にしたい本質を知る考え方3つ
①心の声に耳を澄ませる
②他者を基準にしない
③自分がやりたいことをやる




1つずつ解説します。


心の声に耳を澄ませる

自分がどんなことを普段から考えているのか。
その問いかけを自分に向けることで、理想とする人生を選択できるようになります。


人から言われたことをやっていでも、それはあなたが主体的に選んだ人生ではなくなります。




人の意見に流されず、自分が本気で願うことを実現させる喜びを大切にしていきましょう。


いくら情報の流れが発展しても、最終的に生き方を決断するのは、あなた自身です。




他者を基準にしない


自分が生きることは、自分の感覚を信じることを意味します。


誰かに言われたことに従うだけでは、自分らしさがいつの間にか失われることになります。


周囲が勝手にする決めつけや常識の範囲に収まることなく、自分が納得できる道を自分から選んでいきましょう。




他者を基準にしても、他者の人生を生きることになり、自分という存在を消すことなってしまいます。


あなたの人生で大切にしたいことは、他者の時間を生きることではなく、自分の時間を生きる瞬間にあります。




自分がやりたいことをやる


人生を生きていくなかで、他者の考え方に振り回されるだけでは、生きているだけで大きなストレスを心に溜め込むことになります。


自分が本当にやりたいことを実践すれば、それば自分から選択した人生になります。




世間が発信している常識とは、大多数の人の平均値でしかなく、それが人生の正解ではないのです。


自分がやりたいことに専念することで、リアルの世界で自分が本気で大事にしたいものに出会えるようになります。 



あわせて読みたいnote



悩むものを手放す


人生の断捨離をするなかで、自分がやるべきことを明確にすることがポイントになります。


人生の時間は限られているので、自分の人生を幸せにしない時間を潔く捨てる勇気を持つことが大事になります。


悩み続けることは、気づかぬうちに自分の時間を削っているのです。


人生の悩みを手放すコツは、下記の3つです。


悩むものを手放すコツ3つ
①考えるだけで終わらない
②理想をカタチにする
③身軽に生きる




1つずつご説明します。


考えるだけで終わらない


自分の頭の中だけで人生を完結させようとすると、心身に見えないストレスを抱え込むことになります。


人は見えないものに対して不安を抱く習性があるので、悩みを見える化する作業が必要です。


そのために、思考だけで悩みをクリアさせないで、現実世界で考えていることを表現することが大事になります。   




具体的な解決策がなくても、まずは行動を起こすことが欠かせません。


悩みは行動することでこそ、自身の人生から手放すことができます。




理想をカタチにする


どんな人生の理想があるのか、そこを自分で意識することが自分らしく生きるコツです。


理想を考える際には、他者や社会の目を気にすることなく、自分がやりたいことを純粋に考えることが大事になります。   




やりたくないことで思考を埋めるより、本当にやりたいことだけで自分の人生を埋めていく覚悟を持ちましょう。


理想の人生をイメージすることで、自分にとって必要ないことを効果的に削ぎ落とすことができるようになります。




身軽に生きる


人生を生きるなかで、フットワーク軽く生きていくことは必要な要素です。


自分にとっていらない情報ばかり背負っていれば、自ずと自分の歩みに負担がかかります。


心身を軽くすることで、理想とする世界へ真っ直ぐ向かっていくことができるようになり、それが必然的にあなたの幸せにつながっていくのです。  




余計なものを抱え込んでいても、そこから理想とする未来には進めません。


本当に大事にしたいことだけを、自分自身で信じることが、人生の断捨離を実現させてくれます。



あわせて読みたいnote [

まとめ:人生の断捨離をして、自分の人生の本質に気づこう


今回は、人生の断捨離を進める考え方をご紹介しました。


悩みを抱え込んでいると、そこから人生を前進させる気概が吸い取られてしまいます。


自分にとって人生の本質を知ることで、余計なことで残された時間を浪費することなく人生を過ごしていけます。


人生の断捨離をすることで、自分が本当にに大事にしたい人生の本質を知ることきっかけを作ることができます。 




今回は以上です。

//目次に表示非表示ボタンを表示させる