MENU

人生の行き先を考えるコツ3選

f:id:mubou_rakuzi:20200429173259j:plain

 

生きることは難しい。

生きることは単純。

どちらも考え方はある。

何が正しいか、何が正しくないか。

それは自分で決めることである。

人はその人の人生を生きていく。

生まれた瞬間から終わりまで。

誰でもそうである。

これから歩んでいく人生の目的地を考える。

 

 

 目次

 

今はどんな感覚かを確かめる

f:id:mubou_rakuzi:20200429173304j:plain

自分が生きていることを確認する。

確認することで、どんな感覚で生きているかを理解できる。

理解が進むと、自分が持つ感覚と感性に向き合う機会が増える。

その機会が増えることで、チャンスを起こせる場数を獲得できる。

自分が生きることを考える際に、自分に向けての質問を繰り返す。

相手がいる時は、常に冷静になる。

冷静になれないと、相手に対して感情が大きく揺さぶられる。

それの振り幅は大きくなると、本来の自分を見失ってしまう。

だからこそ、今という自分の感覚と感性を五感で静かに感じてみる。

人の世界に影響されて生きてきたのが、今の自分。

全てを自分で決定してきたというと、決してそうではない。

自分だけで生きてきたわけじゃない。

他者との関わりで形成された感覚も確かにある。

それらのことをひっくるめて、今度は自分だけの「感覚」だけに向き合う。

  

生まれてから今までの人生を振り返る

f:id:mubou_rakuzi:20200429173256j:plain

この世の中に生まれてきた瞬間を覚えている人はいるか。

いないかもしれない。

それが一般的な感覚なのかもしれない。

覚えてはいなくても、確かな時間として存在していたから、現在の自分が存在している。

そのことを振り返ることは、全部の自分に感謝することでもある。

色んな情景が頭を巡る。

それら1日1日があって、繋がりがあるから自分がいる。

途切れない瞬間があったから、自分が生かされている。

これからの未来も、今の自分が繋がる。

 全てが自分の人生になる

どの経験であっても、それが1つ1つ自分のものになる。

それがあることで、生き方について考えるようになる。

考えることで、新しいことに出会えるようになる。

 

未来の自分に何をさせたいか

f:id:mubou_rakuzi:20200429173250j:plain

今の自分をどう生かすか。

生かすも消滅させるのも、自分の感覚次第。

何をするにも、自分の判断が大きな基準になる。

未来を考える上で、未来の自分に想いと願いを託す。

全てを託すこと。

今の瞬間にできなかったことを、明日の自分に託す。

その遺言を未来の自分に渡し続けること。

後悔しないで、未来を豊かに希望に溢れて生きるために。

 

まとめ

無駄な瞬間があるなら、それは人生を途切らせることを意味する。

どんなことが将来待っていようと、それを信じることが一番大切である。

どんなことを経験しようとも、それがあなたをこの瞬間に生かす最大の理由になる。

他者からの評価や基準を持ち出すことはしないで。

純粋に自分だけと向き合う。

自分が感じる感覚。

それが何であっても、それが自分の確かな感覚です。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる