MENU

人生の迷いを吹き飛ばす考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200518075315j:plain

 

 

目次

 

今自分が本気でやりたい事は何か

f:id:mubou_rakuzi:20200518075311j:plain

自分が情熱を燃やして、本気になってやり抜きたい事は何だろうか。

そこに気づくことが、自分を変える大きなステップになっていく。

そのステップを一歩ずつ、自分の心で踏み出していく勇気を抱き続ける。

その積み重ねがあることで、自分が本気になってやりたいことが鮮明に見える。

本気で生きることを最後まで諦めない心があれば、いつだって自分に誠実で生きられる。

誠実に生きることで、自分の心をスッキリさせられる。

スッキリした気持ちがあれば、自分の感性を現実世界で表現できるようになる。

余計なことに心を振り回されないで、常に自分らしく自分の道を歩んでいこう。

 

自分の心の迷いに気がつく

f:id:mubou_rakuzi:20200518075307j:plain

今の自分の人生に迷いを抱えているなら、その正体を暴く必要がある。

自身の心と真正面から向き合うことで、一体何に自分は迷っていたのかが明確に分かる。

迷いや悩みを理解することで、これから自分がどうやって生きていくかが見えてくる。

ただ、心の迷いはいつでも視覚で捉えられない。

いつでもその人の感覚と感性によって形が成されている。

それと同時に、実体がない曖昧なものとして心に存在している。

見えなくて触れないからこそ、自分自身を信じる心の強さが求められてくる。

自信を積み重ねることで、心に抱いている迷いの実感を五感で確かめられる。

確信を持てる自分になれれば、何で自分が迷っているかが理解できるようになる。

 

迷いを超える情熱を抱く

f:id:mubou_rakuzi:20200518075304j:plain

いつでも迷いが頭の中を支配すると、自分が自分でなくなってしまう。

その危機感を認識することが、迷いの本質と向き合う最大の契機となる。

人間は自分で感じる心の機微は、そう簡単にかき消す事はできない。

消せないからこそ、その事実と懸命に向き合うことが求められてくる。

迷いが心の中にあっても、それにうろたえること消せないからこそ、その事実と懸命に向き合うことが求められてくる。

迷いの感覚に支配されず、自分が本気でやりたいことに情熱を燃やす。

その積み上げでこそ、自分がやりたいことが目の前に現れる。

迷いは心の中にあっても、それに狼狽えることなく自分自身と向き合う覚悟が大切。

 

まとめ

人生の悩みを抱えすぎると、本当に自分がやりたいことが理解できなくなる。

それが繰り返されると、自分が自分でなくなってしまう。

その経験をする習慣にすることで、自分の人生に霧がかかったままになる。

人生の悩みを吹き飛ばせるのは、間違いなくあなたの心です。

 

最後までありがとうございます!