MENU

生きる時間の感覚を見つめる考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200508165615j:plain

 

 

目次

 

時間の概念を立ち止まって考えてみる

f:id:mubou_rakuzi:20200508165552j:plain

自分が生きる中で、何を実現させたいか。

本気で実現させたいなら、何を自分がやるべきかを心と向き合うことが大切。

自分が生きる時間の中で、何を考えて何を考えないか。

そこを明確にすることで、限られた時間を有意義に生きられる。

永遠に時間が存在しているわけじゃない。

ずっと変わらない時間はない。

時間は自分が生きるペースに合わせてくれない。

自分が時間と上手く付き合って、やりたいことを全力でやっていくことが大切になる。

普段過ごす時間の感覚を自分で見直すことで、未来の自分の生き方に良い影響を与えられる。

自分と時間の関係を振り返る。

それでこそ、自分が過ごす時間の価値を再確認できる。

 

時間がなければ自分はどうなるか

f:id:mubou_rakuzi:20200508165557j:plain

自分が生きる人生で、時間が全くなければどうなるか。

時間があってこそ、自分がやりたいことを実現できる。

当たり前と感じている瞬間を、自分で見直してみることは大切。

何をやるかやらないかを考えることは、同時に自分が過ごす時間と向き合うきっかけとなる。

そのきっかけを自分で捉えることで、何かしらの感覚に気づける。

自分で感じる感覚があれば、それは自分の心に誠実になった証。

もし時間が存在していなければ、自分は何ができるのか。

そこを自分の心と頭で考えてみることは、自分の時間における感覚を確実に掴める。

 

人生を賭けて何をするか

f:id:mubou_rakuzi:20200508165601j:plain

自分の人生で何に本気になるか。

そこを明確に考えることで、感じられるものが必ずある。

本気で生きることは、自分が使える時間と正面から向き合うことが大切になる。

正面から向き合うことで、時間の存在と向き合わざるを得ない瞬間がやってくる。

やりたいことは、時間があるからこそできるのであり、常に当たり前ではない。

当たり前じゃない時間を手にしていることを、自分の心で気がつける感性が自分を成長させる。

人生を賭けて挑みたいこことがあれば、使える時間の価値を見直す。

時間の存在を自分で見直すことで、得られる価値が必ずある。

 
まとめ

自分が生きることを考える。

考えを深める中で、自分が今を過ごす時間の価値を再発見することになる。

時間の価値を捉え直すことで、得られるものが必ずある。

自分の心と頭で正面から知ることが大切となる。

自分が人生と向き合うことで、時間との付き合い方を深く考えるようになる。

自身が生きる時間の概念を考え直すことで、新しく気づける瞬間がある。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる