MENU

人生に豊かさを与える考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200518195341j:plain

 

 

目次

 

自分の豊かさを知る

f:id:mubou_rakuzi:20200518195351j:plain

現代社会を生きる中で、人が感じる豊かさは実に多い。

その幾多にもわたる豊かさに翻弄されず、あるがままの豊かさを知ることが求められる。

自分にとっての豊かさとは何か。

他者の生き方が正解じゃなく、自分で自分の生き方を正解にする。

自分の生き方を自分で本気で模索することで、得られた時の実感に大きな喜びがある。

その命題を考え続けることが、自分自身の豊かさに改めて気づくきっかけになる。

豊かさを考え抜くことで、自分としての生き方に自信を抱ける。

その豊かさを自分の言葉で説明できれば、自分自身が感じられる豊かさに確信を持てる。

どんなことをすれば心から豊かになるか。

自分自身が感じられる豊かさに確信を持てる。

どんなことをすれば心から豊かになるか。

そこを自問し続けることで、豊かさは必ず見えてくる。

 

豊かさを感じられる事は何か

f:id:mubou_rakuzi:20200518195344j:plain

自分自身が何をすれば豊かさを感じられるか。

それは自分の心に素直になった瞬間にある。

社会や常識が振りかざす概念に、ずっと怯えていると幸せは見えない。

周囲の考え方や感じ方に、自分を無理矢理当てはめる必要はない。

自分自身が本気でやりきりたいことを、まっすぐにやる。

できない理由を考えるより、自分だからこそ「できる」理由だけを考え続ける。

その習慣があれば、求める豊かさを現実で掴めるようになっていく。

自分の心に向き合いながら、自分が感じたい感情をゆっくりと味わうこと。

それでこそ、自分が本気で感じたい豊かさを五感で感じられる。

  

間違えのない豊かさはない

f:id:mubou_rakuzi:20200518195349j:plain

人がいる限り、その豊かさの定義は違ってくる。

他者と自分の感覚をはめ込む必要はなくて、いつでも自分の気持ちに正直になって生きること。

その心があってこそ、自分が自分であり続ける所以となってくる。

どれが絶対的な豊かさかを争う必要はない。

人と比べない、自分のオリジナルな豊かさを追求する姿勢を忘れないようしよう。

 

まとめ

自分自身が豊かな心でいるため、何か特別なことをやらなくて良い。

自分で素直に感じたことを純粋に、ひたすらやり切っていく。

その気持ちを最後まであきらめず、自分の胸に抱えて生きていく。

人それぞれの価値観に誘惑されることなく、自分自身が信じたことを貫いていこう。

豊かさは誰かの心にあるんじゃなくて、自分自身の心の中に存在する。

自分がやりたいことをやる気持ち、それが真実なるあなたの豊かさ。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる