MENU

人生の生きがいがない時の考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200510211536j:plain

 

 

目次

 

生きがいは自分で作れる

f:id:mubou_rakuzi:20200510211544j:plain

自分が生きる人生は、誰かが責任を負ってくれない。

自分でやりたいことを確立させ、どういった状況も自分で楽しめる。

それが自分の人生を生きることを意味する。

上手くいかないことを、誰かのせいにしたり環境を嘆く。

それで何かが大きく変化することはない。

前向きな進化は到底期待できないし、進むのは自分の絶望感だけ。

生きがいが何もなく、日々の時間をがっかりして過ごすのは勿体無い。

せっかく生まれた人生であるから、自分で自身の生きがいを生み出していこう。

それは誰もができる課題であり、挑むことで道が必ず拓ける。

生きがいがないと悲観するのは、自分の心がそう決めている。

自分の心構えを無理やりにでも前向きにさせることで、生きがいは必ず生まれる。

 

誰かに依存しない

f:id:mubou_rakuzi:20200510211539j:plain

生きがいは自分の心が決めることであり、誰かが親切に生きがいを作ってくれない。

自分の責任を全うする意識を持つことで、自分にしか体感できない生きがいを創出できる。

その生きがいを作ることで、今後の自分自身の生き方を大きく変えられる。

誰かに心を依存させないで、自分で自分の心に期待をかける。

自分ならできる理由を、幅広く考えてみる。

それで、自分で自分に期待と希望を抱けるようになってくる。

その感覚を自分で把握することで、今までとは違った景色を望める。

依存することで、自分が気づかぬうちに自分の心を失う。

失ってしまうと、何もかも人のせいにする人生を過ごすことになる。

その人生で生きる時間は楽しめない。

自分自身に期待をかけつつ、今を楽しむことを大切にしていきたい。

 

自分自身に期待する

f:id:mubou_rakuzi:20200510211532j:plain

誰かに期待や希望をそのまま丸投げすることは、何も自分の人生を生きられない。

自分としての自分の存在。

そこを自分の力で想像していく過程で、自分の生き方を自由に想像できる。

他者の人生を生きないで、自分の人生をまっすぐに生きる。

その積み重ねを続けることで、自分が生きる感覚を手にできる。

誰かに全てをやってもらうより、自分で新しいことを創出する気持ちを忘れないでいたい。

自分なら必ずできると、自分に期待をかける。

そこから新しい人生に向かってゆく原動力になる。

 

まとめ

生きがいは自分自身で作るからこそ、人生の喜びを実感できる。

人生の喜びを知ることで、自分にとっての生きがいを作れる。

生きがいがなくても人生を送れる。

ただ、自分の生きがいを見出すことで、今までに発見できなかった人生を歩んでいける。

自分の生きがいを見つけること。

それは、現状に対する不満や不安をぶち壊すきっかけになる。

 

 

最後までありがとうございます!

  

//目次に表示非表示ボタンを表示させる