MENU

自分は自分として生きる 【社会は社会として眺める】

f:id:mubou_rakuzi:20201007184019j:plain

現代社会は多様な発展が成されており、自分が自分であることに自信が持てなくなった。まわりと自分を比較して落ち込むことなく、自分が自分として生きる考え方を知りたい。



そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・自分としての存在を知る
・社会の感覚と自分の感覚を離す




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、自分が自分として生きる考え方をご紹介します。


人がこの時代を生きていくなかで、人は日頃から社会を意識して生きています。


社会を意識することで、本当の自分を抑えることを覚えるようになり、次第に生きづらさを感じるようになります。


社会から向けられる評価に翻弄されることなく、自分から生きる道を選んでいきましょう。


この記事を読むことで、自分が自分として生きるコツを知ることができます。




それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote



目次




人生を生きる


自分がこの人生のなかで、どうやって生きていくのか。


その問いかけを深めることで、自分が今やるべきことが鮮明になって見えてきます。


自分の人生を正面から向き合うことで、あなた自身の生き方を知れるようになります。



あわせて読みたいnote



自分としての存在を知る


自分の人生は、あなただけの人生となります。


誰かの人生をなぞらえるだけではなく、自分の決断と選択によって自分の心が本気で求めていく姿勢が大事となります。  




誰かに生きる責任を投げることなく、自分の存在を深く知ることから始めていきましょう。


自分としての存在を知る考え方は、下記の3つです。


自分としての存在を知る考え方3つ
① 自らで自問自答する
②他者に答えを求めない
③環境に流されない




1つずつご説明します。



自らで自問自答する


自分がどうやって今を生きるかは、今のあなた自身が自由に決めて良いのです。


現状に固執しないで、自分が最も理想とする人生を歩んでいくのか。




理想の景色を自分から眺めようとする、その姿勢を忘れないことが自分としての存在を確かめるきっかけとなります。


自分の気持ちに声を投げかけることを繰り返すことで、これからの人生をどうアレンジしていくのかが見えてきます。




他者に答えを求めない


誰かの意見に流されることなく、自分の生き方を放棄しないことが大事になります。


自分から生きることが、自分としての自由になります。


自分から決断することで、今の人生に納得できる瞬間を積み上げることが可能となり、心から楽しめる人生を歩めるようになっていきます。




その楽しみとは、誰かの心に宿るものではなく、自分の心に確かに存在しているものです。


絶対的な答えを社会に求めることなく、自分が実感したい感覚を追い求めていきましょう。




環境に流されない


自分らしく生きていくことは、社会の状況に流されることではありません。


この時代を漂流するだけじゃなく、自分の確固たる意志を持って、これからの人生を生きていくことが大事になります。




現代社会の状況に流されず、自分から行動を積極的に展開していくことが必要になります。


環境にすがることなく、自分が楽しいと感じられることに時間を投資する試みを忘れないようにしましょう。



あわせて読みたいnote



社会の感覚と自分の感覚を離す


自分がどうやって生きていくかは、自分が何を選択していくかを知ることが大事になります。


どんなことを選択するかは、その人の感覚を信じることで見えてくるものが必ずあります。


生き方を選択する際には、自分と社会をうまく線引きする視点を持つことが必要です。


社会と自分を線引きする考え方は、下記の3つです。


社会と自分を線引きする考え方3つ
① 他者と自分は違う
②人と自分を比べない
③自らの生きる道を知る




1つずつ解説します。



他者と自分は違う


自分と誰かを比較しても、そこから得られることはないです。


誰かの人生を羨ましがっても、自分の現実がすんなり前に進んでいくことはないものです。


人と自分を比較検証しないで、自分と相手は絶対的に違うことを前提に知っておくことが大事となります。




人は一人ひとり生きてきた背景や獲得してきた感覚が違うので、自分らしさを大事にする必要があります。


人との相違を悩むより、今の自分ができることに集中していこう。




人と自分を比べない


社会の現状に心配することなく、自分の今を大切に受け止めていきましょう。


 誰かの意見や評価に執着することなく、自分の存在を自分から受け止める姿勢が大事になります。 




自分の生き方を否定することなく、冷静に自分の今を俯瞰して眺めることで、見えてくるものがあります。


世間の評価に流されず、自分の今を大事に受け止めることが、自分を自分として肯定できるようになります。




自らの生きる道を知る


現代社会の実情と自分自身が感じていることは、絶対的な相違があります。


どの価値観であれ、その人自身が大切にしたいことは、かなりの違いがあるのが事実です。 




社会の動向や環境を知ることは、自身の生き方を見つめ直すきっかけとなります。


自分がどう生きるかは、その人自身の生き方に委ねられるものです。


自分として生きることは、何かに執着することなく、自分の生き方に自信も持っていこう。



あわせて読みたいnote

まとめ:自分は自分として生きる考え方を知って、社会を俯瞰して眺めよう




今回は、自分が自分として生きる考え方をご紹介しました。


時代の動向に左右されず、自分がどうこれからを生きていくのか。


そこを自分から知ることが、 自分として人生を生きていく確信となります。 




今回は以上です。

//目次に表示非表示ボタンを表示させる