MENU

人生で気にしない考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200517090931j:plain

 

 

目次

 

気にする価値を考える

f:id:mubou_rakuzi:20200517090938j:plain

生きていく中で、人間関係や社会の情勢に考えを巡らす時。

誰だって生きていれば、心の中で何かを感じ取るもの。

その感覚を否定しないで、肯定的に捉えることで今後の生き方は変わってくる。

心から心配になって、気になって仕方ない瞬間。

その経験を得ることで、自分は何ができるようになるか。

それを知ることで、自分の感性と正直に向き合えるようになる。

向き合い方を考えることで、気にする感覚を別の角度から考え直すことができる。

自分自身が気にすることを、自分で誇れるか。

誰かに対して自信を持って、自分が気にしていることを堂々と話せるか。

それが気にしていることの価値を再考するキッカケになっていく。

 

何に囚われているかを想う

f:id:mubou_rakuzi:20200517090935j:plain

人生を送る中で、自分が何ができるか。

そこを明確に考えることで、普段から気にしていることと向き合えるようになる。

自分が生きることを考えることは、どういう意味を持つか。

その意味を知ることで、自分の人生と正面から向き合えるようになる。

向き合う過程の積み上げでこそ、自分の本当の人生を確信できる。

自分が生きたい理想の人生を実現するために、何が求められているか。

求められていることを、自分で導く作業を貪欲に突き詰めていこう。

世間からのしがらみに執着せず、自由な発想でこれからを生きることが大切になる。

自分の心を縛り付ける対象をまず理解することで、歩める道がある。

 

自分のあり方を想像する

f:id:mubou_rakuzi:20200517090927j:plain

気にすることに縛られて、何もできない人生は楽しいか。

何かに固執する人生は、どうしても自分の心に負担を強いることになる。

負担を感じ続けていると、最後には自分という存在を見失う。

社会や常識にとらわれないで、自分が何をしていきたいか。

何をやっていたら幸せな心になれるか。

そこを明確に設定することで、生きる選択肢を選べるようになっていく。

自分で生きたいように生きることで、その瞬間を幸福な時間で過ごせるようになる。

自分という存在がどこに向かっていきたいか。

自分の人生を謳歌する気持ちを忘れないようにしたい。

 

まとめ

気にすることを考えることは、自分にとって何かプラスになるか。

過去を振り替えって、気にすることで得られるメリットは何かあるか。

そこを自分で考え直すことで、気にしていた不安のちっぽけさに気付ける。

気にすることを得意になるより、自分が生きたいように生きる。

その継続でこそ、豊かな生き方を進んでいける。

 

 

最後までありがとうございます!