MENU

お金と向き合う考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200531085719j:plain

お金に縛られた人生から抜け出したい。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

目次

 

人生にお金は必要なのか

お金は人生の選択肢を広げてくれる、1つの手段である。

手段であるから、それを人生の目的に据えると人生を破滅に導く。

お金とどうやって向き合っていくか。

学校では教わらない思考を、いかに自分自身で考えることが大事になるか。

学校で習わないことにこそ、人生をまっとうに生きる方法が隠されている。

お金があれば、人生でやりたいことを叶えられる。

やりたい事は、方法があってこそ成り立つ。

目的を達成するための選択肢を選ぶかで、自分が過ごしたい時間を有意義に過ごせる。

目的が豊かに過ごすことであれば、必ずしもお金が必要と言うわけでもない。

自分がどうやって生きていくかが、お金に縛られない生き方を可能にする。

 

お金にとらわれすぎない

お金に盲目になると、自分の人生の幅が極端に狭くなっていく。

生きる幅が狭くなれば、人生の豊かさを享受できるタイミングを逸脱することになる。

人生を幸せで楽しく過ごすには、自分の心と日々対話を重ね続けることが大切になる。

対話を重ねる中で、自分が生きるべき可能性を発見出来るようになる。

縛られることがなければ、自分の力を信じて前に一歩ずつ進んでいけるようになる。

現代世界で生きる事は、常に自分の自由意志で決断することができる。

お金と言う1つのカテゴリに自分を当てはめると、今後の生き方に不自由さを感じるようになる。

不自由な人生に、自分の心が納得する瞬間が果たしてあるのか。

その答えは自分の意思と決断に全てが委ねられている。

 

できることがあればそれで良い

お金と向き合う事は、自分の人生と対話することになる。

お金が全てと捉えるよりも、今の自分がやりたいことを誠実にやっていく。

その継続した意思があってこそ、お金以上の本質的な人生と向き合える。

自分ができることを少しずつこなしていくことで、いつでも希望を抱ける人生になっていく。

お金にとらわれることで、自分の生き方にも自然にとらわれるようになる。

どういう人生を歩んでいきたいか、そこを明確に捉える。

進む道のりを明確にすることで、自分が自信を持って人生に誇りを持てる。

 

まとめ

世の中はお金が全てと言う風潮が根強い。

お金があっても、それを効果的に使いこなす術を知らなければ、心をお金に喰われることになる。

お金に支配されるより、自分でお金をどうやって生かすかを考えることが賢明。

人生の本質はお金じゃなくて、自分の心が知っている。

人生の本質は、いつでも自分自身が理解している。

自分の内なる声と対話を続けることで、何者にも縛られない自由な生き方を実現できるようになる。

 

  

最後までありがとうございます!

 

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる