MENU

世の中で仕事をする意味を考える 【働く意義】

f:id:mubou_rakuzi:20201108064223j:plain

自分が何のために時間を使って仕事をしているのかが分からない。働くことの意義を自分で感じられるようにしたい。  

 
そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・仕事の価値
・働くことの喜び




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、仕事をする意味について考えてみます。


心身を疲弊させるだけの時間に仕事の意味を見出しているたわけでは、人生が豊かになることはありません。


自分にとって働くことの意義を自分から思考することで、これからの生き方を変えることができます。 




自分の心身を疲れさせることだけが、仕事の意義ではないのです。


この記事を読むことで、仕事に対する受け取り方を変えることができます。 

 


それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote



働くことの意味


仕事をすることで、あなたは自分の生き方に満足できていますか?


自己実現する前に、今の仕事で心身を疲れさせているだけでは、本当の幸せを実感できません。


仕事の意義を見直すことで、自分の生き方を見つめなおすことにつながります。 

 




仕事の価値


現代社会は資本主義の流れが確立されてきて、人々は深く考えることもなく仕事をしています。


自分が生きられる人生の時間は限られているので、仕事だけの生き方で人生を終わらせるのはもったいない。


仕事の価値を自分から知ることで、より自分の幸せに近づけるようになります。


仕事の価値を考えるコツは、下記の3つです


仕事の価値を考えるコツ3つ
①仕事は自ら創り出す
②自由になるために働く
③人生を輝かせる方法




1つずつご説明します。




仕事は自ら創り出す


受け身の行動だけでは、仕事の価値を輝かせることはできません。


仕事を待っているだけでは、ただ仕事をやらされているだけの時間を過ごすことになります。 




何となく仕事をこなすのみで、世の中を始め、あなた自身の生き方が豊かになることはありません。


仕事に対する使命感を忘れているなら、今やっている仕事の取り組み方を見なおす必要があります。


自分から行動する意思が、仕事に対する価値観を磨くことにつながります。 

 


自由になるために働く


仕事に人生を縛られているなら、人生自体に窮屈さを感じてしまいます。
何のために毎日のように仕事をしているのか。


自分に対する問いかけを続けることで、仕事と自分の関係性を改善できるようになります。


人は本来、自由に生きることを軸として生きています。 




自由に生きられない責任を、自分から選択するのはもったいない。


自由に生きるために、自分がどうやって社会のなかで働いていくのかを深いレベルで考察する時間が大切です。  

 


人生を輝かせる方法


自分が生きていることを実感するには、日常から喜べる時間を過ごすことが大事になります。


仕事が人生の最終的なゴールではなく、自分を輝かせる1つの方法であることを自覚する必要があります。  




目の前の仕事だけで息が詰まっているなら、自分が生きた心地を実感することができなくなります。


仕事という方法をどうやって使いこなしていくかが、自分らしく生きることを素直に表現していきます。   

 




働くことの喜び


仕事することで、あなた自身の幸せが保証されているか。


自分の仕事が自分とまわりに、どのような影響を与えているのかを知ることが大切になります。


悲壮感に包まれて仕事をこなしても、自分が感じられる喜びが無意識に減少していきます。


働くことの喜びを考えるポイントは、下記の3つです。


働くことの喜びを考えるポイント3つ
①人の喜びを実現させる
②幸せに生きる仕事
③人生の時間は限られている 




1つずつ解説します。




人の喜びを実現させる


機械的に仕事をしても、そこに人の心を感動させるものは生み出せません。


心を込めた仕事を体現することで、受け手の気持ちを喜ばせることができます。


惰性で行動するだけでは、人が幸せに生きることを阻害していきます。


想いがなければ、仕事で人を感動させることができない。  




仕事を通じて人の喜びを実感できた瞬間に、仕事をすることに喜びを見出せるようになります。


主体的になって、相手のことを考えられる状態に持っていくことが、自分らしく生きる仕事を実践するコツです。  

 


幸せに生きる仕事


人が生きていくなかで、苦痛を感じる時間だけを送っているなら、それは本当の幸せではありません。


働くことの意義を発見できないで、日々の時間を悶々と過ごしているなら、今の環境を変える視点を持つことが大切になります。


幸せに生きるために仕事をするために、自分の想いを表現できる仕事に出会う努力を重ねる必要があります。 




現状に不満があっても、何も動き出さないなら、そのまま月日が流れるだけになります。


生きられる時間が決まっているからこそ、その事実に目を向けることで、仕事に対する考え方を変えることができます。  

 


人生の時間は限られている


仕事だけで人生の視野が狭まっていると、幸せになるための発想ができなくなります。


生きられる時間は永遠じゃなく、どこかのタイミングで終わりが訪れるものです。


その終わりの時間のなかで、自分が仕事を通して何ができるのか。


その疑問を自分から考え続けることが、これからの生き方を考え直す起点となります。 




仕事をする意味は、その人によって変わるもの。


自分にとって信じられる仕事のあり方を見出すことが、これからの時代を生きるうえで必要な考え方です。  

 




まとめ:仕事をする意味を考えることで、自分の生き方を変えていこう


今回は、仕事をする意味についてご紹介しました。


仕事するなかで、自分の生き方を幸せにすることが、生きているうえで目指していくところです。


世の中に存在する仕事の価値観は、人によって大きく異なります。


どれが絶対的な価値観として決めることなく、自分にとって心地よい働き方を見出していくことが大切になります。  




今回は以上です。

あわせて読みたいnote


//目次に表示非表示ボタンを表示させる