MENU

生きていくための希望  【人生の光】

f:id:mubou_rakuzi:20200724151835j:plain

生きていく中で、人生の希望をどこに向けるのか。

生きていくために、希望とどのように付き合っていくか。

それと向き合うため、豊かに生きる方法を教えてほしい。

 

そんな悩みを解決します。

 

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。

人生論を綴るブログ記事を200本ほど書いてきました。

 

今回は、生きていくための希望との向き合い方をご紹介します。

どんな生き方をすれば、自分の人生を豊かに過ごせるようになるのか。

それを意識することで、自分が目指ざす人生を送れるようになります。

 

それでは、早速ご紹介していきます。

 

 

 

目次

 

自分が信じる希望

今の現実を生きるなかで、自分の感覚に大事に生きていく。

時代の流れは既に進化しており、止まることはあり得ない。

時間が常に進んでいくなかで、自分があるべき姿を明確にしていこう。

どういった状況があっても、自分自身が大切にしていくことに、自分の今を明らかに生きていく。

希望がある生き方にこそ、自分が望む人生を迎え入れることができます。

 

希望の原点

自分の人生に希望を持つことで、自分が最優先する生き方を実現させてくれる。

人は自分の人生を生きることで、納得する瞬間を体感したいもの。

その感覚は誰かから教えてもらうわけじゃなく、自分から進んでいく道を自身の足で自立していくことが大事。

人生の道を選択するために、その道を照らす希望の光をもとう。

 

自分が抱く望み

希望の原動力を知ることで、自分の歩みを明確にできる。

自分が何を信じていくか、その心を自分で意識していく。

自分の歩みのなかに希望を見出すことが、自らの行動を振り返ることに繋がる。

人は自分が生きていく方向を定めることで、自らの生き方に自信を持てるようになります。

望めるものがあると、自分の頭で真剣に考えられるようになっていく。

生きる望みを見つければ、それが自分の未来となっていきます。

 

希望を見つける

自分が信じる目的を見据えることで、これからの生き方に喜びを発見できるようになる。

その喜びを自らの行動で見出すことが、自分にとっての希望になっていきます。

どんな希望の光であれ、それが自らの気持ちを奮い立たせる。

自分がやりたいことがあれば、それを実現させる希望のカタチを知る必要があります。

日常を生きるなかで、自分が信じる希望を発見できるようになる。

 

生きる力

自分にとって信じられる希望を見出すプロセスで、自分が生きる力を育めるるようになっていきく。

この生きる力を持っているかが、自分が生きて行く道を極めることができるようになる。

自分がどうゆうふうに生きていきか、その対話を自分にといかけること。

その行為を自分で意識することで、生きていくきっかけになっていく。

それが、自らが生きていく原動力となる。

 

生きていく方向性

自分の心を明確に知ることで、自分が生きることに深みを味わえるようになる。

自分の生き方を考えることで、歩んでいく道のりを信じることが可能となっていく。

生きることは、自分の意思を自由に解放させることになります。

その事実を理解することで、自分の人生を誠実に歩む道となる。

 

自分が信じる希望とともに。

この世界のなかで、自分の気持ちに希望を持ち続けることが大事になっていく。

どういうことを自分の希望にしていくのか。

それはいつでも、自分の心で選択する勇気が大事になっていく。

人生の希望のカタチは、自らで気づき、発見していく姿勢が大事になってくる。

 

 

まとめ:生きていく希望を掴んで、自分の人生をより豊かにしよう

自分の人生を生きていく中で、希望を見失わないで人生を生きていこう。

どんな希望であれ、それは自分で自由に決断することができる。

今回は生きていく希望を胸に抱いて、人生の光を自ら発見していこう。

自分の生活に取り入れ、生きることに希望を持ってみてくださいね。

 

 

最後までありがとうございます!

 

絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

新品価格
¥605から
(2020/7/24 15:21時点)

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる