MENU

疲れた人生を見つめ直す。楽しい時間に変える考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200430193749j:plain 

 

日常の中で、何を感じて生きるか。

どういった感性を自分の中で得るか。

他者と自分が感じることは、すでに別々の存在である。

自分と他者は違うことを知ることで、自分の人生を見つめ直すチャンスになる。

現代社会はストレスで心を潰してしまう雰囲気がある。

その中で、ストレスから解放された人生を歩んでいきたい。

 

 

目次

 

疲れた人生って何かを考える

f:id:mubou_rakuzi:20200430193735j:plain

自分の生き方を考えることで、今後の生き方を学べる。

疲れを感じる瞬間は、生きている人であれば必ず感じるもの。

疲れを感じる人生は、あなたにとって何を意味するか。

その疲れは結果論でしかなく、何が正解というわけでもない。

疲れた心身を自分で受け止めて、そこから自分がどう歩んでいきたいか。

これからの人生の指針を設定する中で、疲れた瞬間を自分なりに受け止める。

他者の基準で受け止めるより、自分の基準で疲れの正体と真剣に向き合う。

気持ちで疲れを感じるのか。

身体的に疲労を感じるのか。

自分にとっての疲れを考え直すのは、今の自分にとって必要な時間となる。

 

そもそも何故ストレスを感じるのか

f:id:mubou_rakuzi:20200430193744j:plain

小さな疲れを溜めると、それが取り返しの付かないストレスとなって自分に襲いかかる。

襲われたら、それで最後になってしまう人もいる。

ストレスの根源となる、疲れの原因を知ることが自分を救ってくれる。

疲れた原因を自分で紐解く中で、自分の思考と経験のパターンを学べる。

それらの自身が表現してきたことの1つひとつが、肥大するストレスを生み出している。

一体自分が何に怯えているか。

その見えない正体を明らかにすることで、心身の疲弊度合いを減らせる。

遠因が見えないから、人は不安になって自身の心に自分で圧力をかけてしまう。

ストレスを感じる出来事。そのストレスをどうやって自分が吸収しているかを考えることが大切となる。

 

楽しい瞬間を問い直す

f:id:mubou_rakuzi:20200430193739j:plain

自分が最も楽しいと感じられる瞬間は何か。

どうしたら自分が楽しめるか。

自分が本当に楽しいと思える瞬間は、いつでも自分で作れる。

心から楽しいと感じられる瞬間を1秒でも増やすために、自分が本気で楽しめることを見出すことが大切となる。

本気で向き合えることを見出せれば、自分の悩みを感じない状態にできる。

本気で打ち込むことがあれば、その他の余計なことで不安に悩むことはなくなる。

自分が楽しいと心から実感できる瞬間を見つける。

それで人生を楽しい時間に変えられる。

 

まとめ

疲れを感じる原因は人それぞれ。

どの疲れが間違いというわけじゃない。

自分が本気でやりたいことに純粋に向き合う。

向き合ったプロセスにこそ、その人の幸せがやってくる。

楽しい時間は、いつでも自分の心で感じられる。

自分の心と自問自答することで、どういった人生を歩んでいきたいかが明確になる。

 

最後までありがとうございました!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる