MENU

人生は時間つぶしとの考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200511165043j:plain

 

 

目次

 

人生で何をしたいかを考える

f:id:mubou_rakuzi:20200511165053j:plain

自分の人生で何を本気でやりたいか。

それを自分の中で真剣に考えることで、今の時間のあり方が見えてくる。

人の人生は、本当に人それぞれ。

それぞれの生き方がある中で、何が正解かはその人でしか知らない。

どの選択をしようとも、自分が選んだ道は誇りに持とう。

人生で何をしたいかを明確にすることで、小さなことで心配になることは減る。

逆に、人生で本気で大切なことが理解できていないと、前進するより停滞を意味する。

本気でやりたいことがあれば、人生で迷う瞬間を少なくできる。

何をしたいかが理解できれば、人生は自分がやりたいことで時間を潰せる。

 

時間との向き合い方を想像する

f:id:mubou_rakuzi:20200511165048j:plain

やりたいことがあれば、それを純粋にやってみることに価値がある。

その価値を自分で把握することで、必ず人生にとってプラスに転じる。

何もやることがないなら、それもその人の生き方。

人の価値観はそれぞれ自由なので、自分が考えることを誠実に表現することを大切にしよう。

どういう生き方を実現させるか、それは自分で自由に選択できる。

自由に生き方を考える中で、時間との向き合い方を必然的に考えられるようになる。

その考え方を自分の中で、ゆっくりと消化させる過程において見えてくる現実がある。

感じられる現実を自分で掴むことで、これから生きる時間の概念を自分で知れる。

そこを知ることで、自分が過ごす時間の価値を再確認できるようになる。

 

人生はいつか終わる

f:id:mubou_rakuzi:20200511165046j:plain

人の人生はいつか終わる。

永遠の命はないから、今の時間における価値を大切にしよう。

時間における価値を掴むことで、どういう人生を歩んでいくかが本質として見える。

いつか終わる人生の中で、どういう時間を過ごしていこう。

人生を生きていく中で、他者の生き方を羨む必要はない。

自分で決めた道を、愚直に歩んでいこう。

自分の生き方に、自分で心から納得できる瞬間を1秒でも増やしていく。

その心がけを自問することで、必ず見えてくる感覚がある。

その感覚を自分で把握して、気持ちから感じることで人生の時間を有意義に潰せる。

 

まとめ

自分の人生は、他者が決めるものじゃなく、自分の手で掴む。

誰かに依存は期待をかけないで、自分の責任として人生を歩んでいく。

その気持ちがあれば、今の自分に自信を持って生きられるようになる。

人の人生は必ず終わりを迎える。

その終わりをどうやって過ごしたいか。

そこを逆算して考えることで、感じられる自分がいる。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる