MENU

人生で好きなことをやる。時間を生み出すコツ3選

f:id:mubou_rakuzi:20200503191818j:plain

 

生きる過程で時間があるから、人は生きられる。

時間がなければ、その人が何かを生み出すことはできない。

行動するために欠かせない時間の存在。

それを考え直すことが、人生で好きなことに没頭できる秘訣になる。

 

 

 目次

 

時間に対する価値観を見直す

f:id:mubou_rakuzi:20200503191813j:plain

今の暮らしの中で、時間について何も考えていないなら考える必要がある。

行動や経験をするために、時間の存在は欠かせないから。

時間を確保できなければ、実際に行動することはできないし、何も得られない。

自分が生きることは、すなわち時間と向き合うことにある。

生きることを諦めたくなければ、時間における価値観を改める必要あがある。

自分がやりたいことがあれば、それを愚直にやれるように時間を作る。

 

時間があれば何をやりたいか

f:id:mubou_rakuzi:20200503191809j:plain

もし時間があれば、自分は何をしたいか。

それを具体的にイメージすることで、時間に対する意識が大きく変わる。

イメージした現実を自分のものにしようとする気概が生まれれば、1秒たりとも自分がやりたいことに時間を捧げようとする。

何もやりたいことがないなら、何も時間について意識しなくても良い。

人の生き方は千差万別だから、絶対的なやりたいことは存在しない。

各自で自分の生き方と振り返りながら、何をしたいかを明確にすることが大切。

やりたいことが明確になれば、時間を有効に活用しようと工夫するようになる。

その工夫が、最終的に膨大な時間を生み出すことになる。

 

必要なことだけやる

f:id:mubou_rakuzi:20200503191803j:plain

時間は、人が生きる中で限られる。

永久の命を持つ人間はいないから、時間の質をいかに高められるかが大切になる。

経験を積む上で、前提となる時間の価値を自分の中で定義し直す。

時間がないなら、それは根本的に時間の使い方に問題がある。

自分という存在は、自分一人しかいない。

だからこそ、本気でやりたいことだけに時間を使う必要がある。

どうでも良いことだけに時間を無駄にする必要はない。

それを考え直し、必要最小限の行動で時間をコントロールする。

それが人生の豊かさを向上させるコツになる。

集中して行動した結果、それが自分らしい生き方を実現するようになる。

それは無駄な行動を徹底して捨てることを意味する。

無駄を削り倒すことで、自分にとって本質的な生き方に出会える。

それはトライ&エラーを繰り返すことで、自分の中に経験として蓄積される。

 

まとめ

人生の豊かさを実現するのは、自分自身の時間の使い方が重要になる。

自分が本気でやりたいことだけに集中した人生。

それが心に余計なストレスをかけることなく、自分のペースで豊かさを追求するスタートラインに立てるようになる。

時間の価値観を自分で再考することは、生きることは何かを問い直すことになる。

限られた時間を、いかに自分のために使えるか。

それが幸せへの小さなステップになる。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる