MENU

人生の自由を掴む。自由な時間を作る考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200420202723j:plain

 

人生を過ごす中で、何を自分がやりたいか。

そこを明確に設定することで、今と明日を生きる活力となる。

生きる活力を得ることは、人生の喜びを大きくしてくれる。

喜びを知る中で、自分が生きる時間を実感するようになる。

生きる時間を感じることは、これからの豊かさを噛み締める上で大切。

時間に対する意識を考え直すことが非常に大切になってくる。

 

 

 目次

 

時間があったら何をしたいか

f:id:mubou_rakuzi:20200420202716j:plain

日常の中で、自分だけの時間を確保できたら何ができるか。

自分がやりたいことをまっすぐにやる気持ち。

それがあれば、幸せな瞬間を連続して過ごせるようになっていく。

自分が幸せだと感じるために、自分が心から納得できることだけを集中することが非常に大切になる。

時間の意識がないと、いくら時間があっても足りない。

満足する時間は、自分で作るという当たり前の事実を知ることが大切。

時間がいつの間にか自分を幸せにしてはくれない。

自分から主体的に行動を起こすことで、自分がこの世の中で生を受けた意義を感じられるようになる。

自分が何をしたいかを確認することが、今と明日に繋がってくる。

 

時間を実感することに意義があるか

f:id:mubou_rakuzi:20200420202711j:plain

今という瞬間。

人生は一瞬一瞬の連続で成り立つ。

時間は二度と戻るものじゃなく、自分で効率的に活用するものである。

人としての経験値を高めていくために、必須条件が時間である。

その時間の概念を自分で知ることは、時間の意義を改めて実感できる。

生まれてから人生の最期を迎えるまで。

その時間軸を長いと感じるか、短いと感じか。

それは人それぞれの感覚によるものであり、絶対的な正解はない。

正解はないから、時間に対する価値基準を明確に持っておくことは大切になる。

 

自分にとっての時間とは

f:id:mubou_rakuzi:20200420202709j:plain

他者が生きる時間を生きるより、自分が生きたいように生きる。

人は全く同じ人は存在していない。

地球上で唯一無二の存在である。

時間をどう使うか使わないかは、誰でもなく自分で決められる。

現代社会は物質的かつ環境的に豊かになっているので、いくらでも自分で行動できる。

人生という限られた時間の中で、自分がどうやって生きるか。

自分にとっての時間の価値。

最期を迎える時に、ふと何を心に思い浮かべるか。

浮かべた景色で、自分が幸せな人生だったと心から実感できるか。

その瞬間に浮かんだ景色を作るために、時間があります。

 

まとめ

人生を生きる中で、自分が持っている時間を有効に活用することが大切。

人は経験を積む中で、人生を彩り豊かにする。

彩り豊かで鮮やかな瞬間を生きるために、自分が何をできるか。

自分の経験の積み重ねが、最終的に自分の人生となる。

自由に時間を制することが、自分の生き方に自由をもたらしてくれる。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる