MENU

自分にとっての時間を知る考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200621184603j:plain

時間が、ただ流れるだけの人生になっている。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

 

目次

時間は限りある

人の一生は短い

一度きりの人生に幸せを運ぶ

 

時間は限りある

人が過ごせる時間は、永遠のものではない。

永遠の時間だと勘違いすることで、その人の人生は空虚なものになる。

いつか終わりを迎える人生で、果たして自分に何ができるのかを考え抜く。

その姿勢が、一秒たりとも捨てない生き方に繋がっていく。

人生を燃やし続ける姿勢が、自分がやりたいことを明確にさせてくれる。

その感性を忘れず、今の自分が考えられることに全力を尽くす。

後になって後悔しても、終わった時間は戻ってこない。

自分の人生を無駄にしないのは、自分らしく生きること。

時間は命の時間であると言っても過言ではない。

残された時間の中で、自分にできることだけを真剣になって考える。

考え続ける先に、自分が求める理想の瞬間を過ごせる。

 

人の一生は短い

地球規模で考えれば、人間の一生はあまりにも短い。

人間が叶えたい理想は、わずかな時間の中でしか表現できない。

時間の価値を悠長に感じていたら、あっと言う間に時間がなくなる。

時間は人にとって、やりたいことをやり切るための、外せない資産。

その意識を欠如させないことが、自分が自由に使える時間を再確認できる。

時間は永遠じゃない事実に気づくことで、これからの時間の使い方を慎重に選べる。

何の意識もしないでその瞬間を生きていれば、長期的な視線で考えると何も得られない。

時間は二度と戻らない資産である認識が、自身の成長を促進させてくれる。

 

一度きりの人生に幸せを運ぶ

自分にとっての時間があることで、自身がやりがいのある瞬間を体感できる。

時間がそもそもなければ、何もすることができない。

人は限られた時間の中で、何をするかが問われている。

その経験が、その人の幸福感を大きくさせる。

経験値が低ければ、人生の幸福度も低水準のまま。

幸せな人生にするには、自分の経験値を格段に増やしていくことが大事になる。

一度しかない人生だからこそ、公開することなく、やりたいことを本気で取り組んでいこう。

その小さな意識を積むことで、見えてくる世界が大きく変わる。

自分が何をするかで、人生の幸せを手繰り寄せることができる。

 

まとめ

自分が過ごしている時間に、どんな価値を見出しているのか。

その問いかけに対して、自分の感じたまま表現していこう。

自分にとって残された時間は、終焉を迎えるまでにはあまりにも短い。

何も意識しないで過ごしていれば、それが現実として続いていく。

自分がやりたいことのために、日々全力で生きていこう。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる