MENU

考えることで人生が見える考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200502103721j:plain

 

人が生きることを深く思案する。

それによって、生きることを見つめ直すことになる。

見つめることで、今までと過去の自分に相対的に気がつける。

気がつくことで、これからの自分の生き方を考えられるようになる。

深くシンプルに人生を見据えることを大切にする。

 

 

目次 

 

生きることを振り返る

f:id:mubou_rakuzi:20200502103725j:plain

生きることは、その人の人生を表現する。

その人でしか体験できない時間を過ごすことである。

他者が全てを理解できないように、人の感覚には多様性がある。

多様な価値観が世に存在するってことを、まずは理解するところから始める。

それを続けることで、自分がやりたいことが見えてくる。

自分が生きてきたことを振り返り、今と未来で何をしたいのか。

やってきたことを誇れるかどうか。

誇りがあればこそ、自分の可能性を信じられる。

信じることでこそ、自分として生きる実感を得られる。

 

自分はこの世界で何をしたいのか

f:id:mubou_rakuzi:20200502103715j:plain

自分を含めて、人は何を現実世界でやりたいのか。

それを考えることで、何が自分にやれるのか。

できることを積み重ねることで、個人としての人生。

人生としての自由を実現できる。

何をやりたいのか。そして、何を成し得たのかが大きなテーマになる。

それを知ることでこそ、人としての実感と得られる。

実感を得られる瞬間にこそ、自分が好きなことに没頭できるようになる。

何に興味があるのか。

それを自身に問いかけることが、人生としての問いかけに気がつける。

 

 

自分自身の存在を見つめる

f:id:mubou_rakuzi:20200502103711j:plain

自身が何をしたいのか。

それを知ることでこそ、自分は何者なのか。

何者かを知ることで、これからの意義を知れる。

その感性を自分で育むことで、存在としての自分に気がつける。

その気づきを知ることで、現代における自分の価値を確認できる。

確認した価値があれば、自分がこの現実世界でたりたいことが見えてくる。

取り組むことが見えれば、あとは行動するだけ。

本当に自分がやりたいこと。

それを実感することで、何に自分が生きれば良いかが分かってくる。

生きる方向性と目的が明確になれば、人生に迷うことはなくなる。

迷いがあれば、それだけで不安に飲み込まれる。

自分の足で立ち、自由に自分の可能性を存分に発揮する。

日常を深く考えることで、自分がやりたいことが見える。

 

まとめ

感じたことを表現したり考える。

その繰り返しでこそ、自分の進化の過程を知れる。

進化の過程を自分で感じることで、これからの感覚を磨ける。

何も考えなければ、変化も退化もない。

その人生の本質を知ることで、考える楽しみを享受できるようになる。

考えることでたどり着ける境地。

それは自分が知れる。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる