MENU

生きることを見つめる考え方 【人生には知らないことがある】

f:id:mubou_rakuzi:20201031071826j:plain

今の現実を生きているなかで、自分が何を信じればよいか分からない。人生に空虚さを抱えているので、その気持ちを解消する考え方を知りたい。   

 
そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・知らないことを知る考え方
・人生の終わりの瞬間を考える




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。





今回は、生きることを見つめる考え方をご紹介します。


生きることには、揺るぎない価値観が存在していません。


選択することを経験して、自分の人生の形が見えてくるものです。


日常から経験を重ねることは、あなた次第で自由に時間を過ごます。


この記事を読むことで、生きることの空虚さを解消できます。 

 
それでは、早速ご紹介していきます。


あわせて読みたいnote



生きられる時間


あなたが生きている時間は、決して当たり前では無いのです。


今を過ごせる時間をどう受け止めているかが、あなたの人生の時間を見つめることにつながります。




知らないことを知る


自分が知らないことを知ることは、それがそのまま生きる道となります。


自身の無知さを理解することで、自分らしく生きることを知れるようになります。


知らないことを知る考え方は、下記の3つです。


知らないことを知る考え方3つ
①人生の選択肢を知る
②知らないことを自覚する
③知ることは生きること




1つずつご紹介します。




人生の選択肢を知る


自分がどう生きたいのか、人生で向かう方向性を決めることが大事になります。


進む方向が曖昧であるなら、同じ場所をグルグルと回るだけになってしまいます。




知ることを深めることで、自分が生きる選択肢を広げることができるようになります。


人生の道を閉じることなく、自分が世の中でやれることを発見する勇気を持っていこう。


選択肢の狭さが、ダイレクトに自分の生き方に反映されていくものです。

 


知らないことを自覚する


自分の無知さを理解することで、自分が進んでいく人生に気がつけるようになります。


知らないことを放置していれば、自分の心の曖昧さが増大していきます。   




無知であることを、下手なプライドで隠そうとしても、誤魔化しがききません。


自分の心を無理に破綻させることなく、自分の気持ちを謙虚に出していく姿勢が大事になります。


見た目だけを取り繕っでも、中身の薄い生き方にしかなりません。

 


知ることは生きること


無知な自分を知ることで、自分ができることが明確になっていきます。


今の生き方だけに満足していれば、等身大の自分を過大に演出してしまうようになります。   




等身大の自分を偽っても、人生に納得できる瞬間が少なくなっていきます。


知ることを深めることで、自分がこれからどうやって生きていけば良いのかの希望となります。


自分から知ることを捨てることなく、知の欲求を日頃から刺激することが、より納得できる生き方につながっていきます。 

 




人生の終わり


人の一生は、必ずどこかで終わりがあります。


人生の終わりを意識することで、初めて自分の人生に責任を持てるようになります。


人生の終わりについて考えることで、生きることの疑問をひとつずつクリアにできます。


人生の終わりの瞬間を考えるコツは、下記の3つです。


人生の終わりの瞬間を考えるコツ3つ
①自分の生き方を振り返る
②誰かに依存しない
③人の人生は必ず終わる




1つずつご紹介します。




自分の生き方を振り返る


これまでの人生を生きて、自分がどんなことを信じてきたか。


その感覚を自分から確かめることで、生きることを根本から知ることができます。 




人生を振り返る時間を持つために、自分一人の時間を確保することが大事になります。


自分から考えることを経験して、人は自分の生き方を十分に感じることができます。


まわりの反応に過敏になっているだけじゃなく、自分が何を大切にして生きてきたかを鑑みることが大切です。  

 


誰かに依存しない


自分の人生を生きるなかで、自分がどんなことを経験したいのか。


その人生の生き方は、自分の意思と行動で自由に変えることができます。


最初から誰かに依存している状態なら、自分で自立することができなくなります。




自立を逃した人生では、本気で自分が納得できる生き方を実現できません。


自分のまわりの存在は、いつまでも存在していません。


自立することを目指すなら、あなたが求めたい生き方を実現できるようになります。

 


人生は必ず終わる


人の一生は、決して永遠には続かない。


どこかで人生が終わることを自覚することで、自分が歩むべき道を知ることができます。


限られた時間のなかで、果たしてどんな経験をしたいのか。  




その問いを深めることが、自分が自分として生きる希望の光となります。


どこかで人生が終わるからこそ、人生の奥深さを知れるのです。

 




まとめ:生きることを見つめて、生きることを知っていこう


今回は、生きることを見つめる考え方をご紹介しました。
生きることを考えることは、自分の本当の姿を知ることを意味します。


誰に言われた通りの人生を歩んでいても、自分の人生を実感できません。


自らの心が納得できる瞬間を増やすことが、人生を彩る原点となります。


今回は以上です。

あわせて読みたいnote

//目次に表示非表示ボタンを表示させる