MENU

人生を気楽に楽しむ考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200502101542j:plain

 

人が生きることは、どんなことでも物語になり得る。

物語は人それぞれで描くものであり、全く同じ内容の物語は完成しない。

人は自分だけのオリジナルストーリーを完成させようと、日々人生を生きる。

その人生を気持ちから楽しむことで、物語の中身は色濃くなる。

 

 

 目次

  

自分が描きたいストーリーを想像する

f:id:mubou_rakuzi:20200502101531j:plain

物語を書き続ける中で、どんな世界観で作って行きたいか。

それを想像するだけでも十分に気持ちがワクワクする。

ワクワクする気持ちを忘れないで、自分だけの物語を書き進める。

やりたくないことは設定しない。

嫌いな描写は書かない。

とりあえず、自分が本気で描きたいことだけをイメージするだけで良い。

余計な心配や不安を描く必要はない。

自分だけの物語を作ることに集中してみよう。

 

脚本を自分なりに想像する

f:id:mubou_rakuzi:20200502101538j:plain

自分の物語は自分で完成させる責任がある。

その反対に、自分で自由に展開を設定することもできる。

自由に描き進められることを知らない人が、現代社会に未だに多く存在する。

その凝り固まった常識を壊して0ベースにする。

それから自分の人生という物語が始まる。

始まらないのは、自分の覚悟が足りないだけ。

どんな状況であっても、描くことをやめなければいつかは話は完成する。

自分なりで全然構わない。

自分にしか想像できない世界感をぶちまけよう。

 

主人公である自分に何をさせたいか

f:id:mubou_rakuzi:20200502101525j:plain

楽しみたいなら楽しめば良い。

泣きたいなら泣けば良い。

人が抱える感情に誠実かつ正直に生きること。

それを理解することで、主人公である自分に何をさせたいかが見えてくる。

その先にこそ、輝ける瞬間に不意に出会える。

その出会いに感謝して、やってみたいことを実践する。

シンプルにそれだけで良い。

シンプルな感覚があればこそ、今の自分に何をさせてあげたいかが分かってきます。

他者からの評価に一喜一憂しない。

自分が考えた脚本があれば、それを忠実に物語の中で表現させれば大丈夫。

ストーリーの内容にこだわってばかりいるより、まずは表現してみる。

世間からのバッシングを気にしないで、自分がやりたいことに純粋になる。

たったそれだけで、今からの人生が劇的に景色が変わる。

 

まとめ

人が生きることは複雑であり、単純でもある。

その自然的な原則を知ることで、これから何をしたいかが理解できる。

最初は何もかもが分からなくて仕方ない。

そこで絶望する必要もない。

どんなことであっても、楽しんで経験することを胸に刻んでおく。

それでこそ、世間の競争や常識に潰されない自分だけの楽しみ方が見えてくる。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる