MENU

時代が生み出す不安を打ち消す【自分を生かす】

f:id:mubou_rakuzi:20200920180457j:plain

現代社会は多様な変化を遂げており、自分がどうやって生きていけば良いかが不安になる。不安を感じる人生であっても、前を向いて生きていく考え方を知りたい。 




そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・不安を自己成長の糧にする
・行動することで心を変える




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、時代が生み出す不安を打ち消す考え方をご紹介します。


高度な時代が到来してきたことで、私たちの暮らしは劇的に変化しました。


その変化を受け止め、自分が生きたい道を選択することが大きなテーマとなります。


不安ばかり感じていても、状況を変えることはできません。


自分から行動を起こすことで、自分ができることを意識できるようになります。 




それでは、早速ご紹介していきます。



あわせて読みたいnote

目次



時代が作る不安


現代は多様な発展を遂げており、人々の暮らし方は激変しています。


その状況で生活していれば、人の心はなかなか落ち着かなくなります。


不安感が出る原因は、自分のあるべき姿が実感できていないことにあるかもしれません。 





不安を自己成長の糧にする


心が穏やかでいられないなら、自分でその現状を変える行動を積み上げていくことが必要になります。


これから先のことで不安を感じるなら、それは自分を成長させるチャンスになります。


不安な気持ちを成長のエネルギーに変える考え方は、下記の3つです。


不安を成長に変える考え方3つ
①自分の今を信じる  
②コントロールできることを知る
③未来を予測し過ぎない 




1つずつご説明します。


自分の今を信じる


現代は様々な情報が流されており、どれが本当に価値ある情報なのかが見えてこない状況があります。


その社会の動向にあっても、自分が選びたいことを選択していく勇気を持つことが大事になります。 




誰かに助けを求め続けず、自分で自分の心を信じていきましょう。


人の感情や世間の情報に流されることなく、自分の感覚を研ぎ澄ませていくことに集中することが大切です。 




コントロールできることを知る


人の心に潜む不安な心は、客観的なデータとして抽出することはできません。


目で見えないものに囚われていれば、その戸惑いが現実のものとなります。


そのため、見えないものに振り回されるより、自分で制御できる部分にスポットライトを当てる意識を持ちましょう。 




自分の力だけでは到底解決できないなら、潔く目切りをつけることも大事になります。


自分でコントロールできることを客観視することで、不安な気持ちを解消することにつながります。 




未来を予測し過ぎない


自分だけで何ともできないことに悩むより、今の自分ができることを大切にしていきましょう。


分からないことを分かるように努力しても、それが自分の心身を疲弊させてしまっては元も子もありません。


遠い未来は、誰も100%正確に言い当てることは不可能に近いです。


よく分からない将来を悩むなら、二度と戻らない今を生きていく思考も育むことが賢明な選択です。 





行動することで心を変える


頭と心だけで考え続けていても、自分ができないことができるようになる保証はどこにもありません。


不安な気持ちは、夢中になって行動することで前向きな心に変換できるのです。


行動する際に意識したいコツは、下記の3つです。


行動する際に意識したいコツ3つ
①理想の自分を具体的にイメージする
②行動する仕組みを作る
③環境を整える




1つずつ解説します。


理想の自分を具体的にイメージする


実際に行動するために、自分がどこに向かいたいのかを鮮明にすることが大事になります。


向かうべき目的地がなければ、そのまま人生の迷子になることが確定してしまいます。  




自分が進んでいく道を知っていれば、迷っている時間を現状を変えるための時間に転換できます。


自分が理想とする自分は、どんな姿をしているのか。


誰かと比べることなく、理想の自分に想像を膨らませることが、行動を起こすトリガーになります。  




行動する仕組みを作る


自分が行動するための原点を捉えたなら、あとは行動を継続することが大事になります。


一過性の行動だけでは、人はすぐに元の状態に戻ってしまいます。


一過性の行動で終わらせないため、行動を自動化させる仕組みを日常から意識して作ることが大事になります。


コツコツと行動を積み上げることで、それが不安を超越する自信を育てることにつながります。




環境を整える


仕組みを導入する際には、自分が身を置く環境の存在がキーポイントになります。


人は周囲の状況から影響を受けるので、自分がなりたい自分を実現させる環境に整えていく必要があります。  




環境が整えば、その日のモチベーションに左右されることなく、習慣として行動できるようになります。


自分がどんな環境にいるのか、そこを意識することで、不安を解消する原動力を体感できます。



あわせて読みたいnote


まとめ:時代が生み出す不安を打ち消して、自分の人生を生きていこう


今回は、不安を打ち消して理想の人生を歩む考え方をご紹介しました。


自分がどんな不安を抱いているのかを知り、実際にスモールステップで行動していくことが大事になります。


考えているだけでは、不安の心を前向きに転じることはできません。


日常から自分ができることを意識して、行動を一歩ずつ積み上げていきましょう。  




今回は以上です。


//目次に表示非表示ボタンを表示させる