MENU

人生を圧倒的に前向きにする考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200408202016j:plain

 

人が生きることは、その人の感覚に左右される。

何が絶対的な回答ってわけじゃない。

どの生き方も肯定されるものであり、人と違うことを諦めなくて良い。

自分としてのストーリーを紡いでいければ、それで十分。

 

 

 目次

 

自分が何者かを知る

f:id:mubou_rakuzi:20200408202024j:plain

自分が生きる人生で、自分のことを理解している人は多くない。

自分が何をしていきたいか。

そこをシンプルに考えることで、道は拓ける。

何をしようか迷っているより、やることを決めてしまった方が悩みは少ない。

悩みで心が支配されるより、有意義な時間を過ごしたいもの。

それは、自分の存在を自分で知ることが大切になる。

自分の存在は何か。

自問自答を続けることで、見えることがある。

その問いでこそ、自分がやりたいことが見えてくる。

 

何を徹底して打ち込みたいか

f:id:mubou_rakuzi:20200408202020j:plain

自分の興味や関心を十分に発揮できる人生なら、楽しめる範囲も広くなる。

楽しめる時間が増えれば、自身としての幸福度が高くなる。

その感性を磨くために、自分が好きなことを知ることを大切にしたい。

徹底して夢中になることで、不安や心配の感情から解放される。

その気持ちを永遠に抱き続けることで、熱中できる時間を作れるようになる。

夢中になって打ち込むことがあれば、他のことを忘れて豊かさの気持ちを高められる。

徹底して向き合えることを見つけることは重要なポイント。

 

情熱を燃やせることを見つける

f:id:mubou_rakuzi:20200407212007j:plain

生きることを前向きにするにあたって、多様な感情が存在していることを受け止める必要がある。

どの考え方が絶対的に正しくて、間違っている考え方や考えを否定することなく、あるがままに自分がやりたいことを純粋にやっていく気持ち。

それがあればこそ、やりたいことが自分の人生になっていく。

どんな生き方であっても、自分がやりたいことに本気で向き合うこと。

情熱を持って向き合えるものがあれば、それだけで人生に彩りがつく。

前向きで生きることが、人生のすべてじゃない。

どの生き方であっても、正解にするのが自分という生き方。

 

まとめ

生きることを考える中で、生き方に絶対的な正解は存在しない。

多様な価値観や生き方があって然るべきだし、正しくない生き方は存在しない。

自分が決める道を歩んでいけば、必ず自分が生きる実感を感じられる。

前向きにするには、自分の心を信じること。

信じることで、目の前に道が拓ける。

他者や社会の評価に自分を萎縮させることなく、自分がやりたいことに誠実になろう。

 

 

最後までありがとうございます!

  

//目次に表示非表示ボタンを表示させる